終わりの言葉

 神   目覚めた自分として、かつてあった自分、今の自分のすべてを、
     褒め称えることから始めなさい。

     そして、過去の自分・夢見た自分よりも、さらに上の自分になろうと
     選択しなさい。

     自分が世界を照らす光である事に、気付きなさい。

     「自分は光である」と宣言しなさい。世界を愛で満たしなさい。

     あなたは待ち望まれていた救済者である事を、知っておきなさい。
     あなたは、宇宙を癒すためにやってきた。

     聖なるこの瞬間を、抱き取りなさい。

     世界の中に居なさい。

     霊性とは、洞窟に隠れ住むことではない。

     だが、幻想の中で暮らさないようにしなさい。

     この世界は、あなたがこれ以上放っておいたら、あなたが日々の経験だけに
     捕らわれていたら、滅んでしまうかもしれない。

     周りの世界を見て、どの部分を新たに再創造したいと思うかを、
     自分の情熱に聞いてごらん。

     世界の再創造には、社会の道具を活用しなさい。

     宗教・教育・政治・経済・霊性といった道具を使って、『真の自分』を
     宣言しなさい。

     橋をかけて、宗教・文化・人種・国家の溝を埋めなさい。

     分裂・対立・競争・戦争を、永遠に終わらせなさい。

     地球の滅亡を避けるのに、遅すぎることはない。
     いや、「遅すぎるかもしれない」という事すらない。

     あなた方の賢者はよく、過去の過ちを思い出すための記念碑を建設し、
     記念日を定める。

     過去を思い出すのは大切だ。
     記憶の中に相対的な関係性の場を創れば、現在の中に過ちを創り出す
     必要はなくなる。

     (過去の過ちを忘れなければ、その過ちを繰り返すことがない)

     このコミュニケーションはこれで終わるが、私たちの協力や一体化は決して
     終わらない。

     あなた方は、常に神と一体である。
     なぜなら、私はあなたであり、あなたは私だから。

     これが真実であり、他はすべて幻想だ。

     愛になりなさい。

     そうすれば、マスターを目指す旅は終わる。

     だが、すぐに他の人をマスターに誘う新たな旅が始まるだろう。
     私たちが目指すものは、常に愛しかないのだから。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る