神を抱き取ること
神を抱き取りたいと思うように、他者を抱き取りなさい

 神   次は、四つ目のステップだ。神を抱き取りなさい。

ニール  神を、抱き取るのですか?

 神
そうだ。神に近づきなさい。

『神を愛すること⑧』で教えた方法を、実践しなさい。
それが実り多い出発点になる。

もちろん、他にも方法は色々とある。

大切な事は、自己に触れて欲しいと思うように、他者に触れることだ。

自己を見て欲しいと思うように、他者を見ることだ。

ニール

「自分がして欲しいと思う事を、人に対してしなさい」という事ですね。

 神

その通り。

私を抱き取りたいと思うように、他者を抱き取りなさい。

他者を抱き取っている時、あなたは私を抱き取っているのだから。

世界の何も拒絶せず、誰も拒絶しない事だ。

世界はあなたの中にあり、あなたは世界の創造者なのだから。

ニール

抵抗したくなる人や状況には、どうすればいいのでしょう?

 神

抵抗をすると、相手は強くなる。

愛が解決できない状況や問題は、無い。

すべての魂は、愛の存在である。

誰かに愛を与えたら、つまりあなたの魂を与えたら、あなたは相手を本当の自分に連れ戻したことになる。

(『神との友情・上巻』から抜粋)


神との友情 上巻の目次に戻る