消費増税と小沢一郎
(2012.7.4.)

このところ消費税の増税が、話題になっています。

私は消費税の増税には、反対です。
いま消費税をあげたら、ぎりぎりの暮らしをしている人はどうなりますか。

消費税を上げようとしている人達は、一般人の暮らしを知らないのではないでしょうか。

小沢さんは、「消費増税は選挙公約になかった。増税よりも行政改革をして財源をつくるべきだ。」と言っていますが、正論そのものだと思います。

彼のインタビューをネットで見ましたが、彼は国民の多数の求めている事を理解していると思いました。

小沢さんは献金問題もあるし、最近も妻の暴露手記が出るなど、弱点を持っています。

私は、家庭内をまとめられないのは、政治家としてまずいと思います。
普通は妻が一番の後援者ですから。

ただ、彼は国民の求めている事を把握する能力、組織をまとめる能力、自分が決めた政策を貫く能力において、現在の政治家の中で傑出していると思います。

消費税と原発の問題は、その政治家が国民のことを重視しているのか、それとも既得権益を握っている一部の人達を重視しているのかを見抜く、格好の材料になっています。

どの政治家を支持するのか、国民の知恵が試される局面になってきました。

私は政界再編に、ついになるのではないかと予想します。


日記 2012年6~9月 目次に戻る