未来の党の結党で、脱原発の基軸ができた
(2012.11.28.)

昨日に「日本未来の党」が結党し、そこに脱原発・反TPP・反増税の勢力が集まり始めました。
すばらしい動きですね。私は高く評価します。

未来の党がスローガンに打ち出した「卒原発」は、いい言葉だと思います。

はっきり言って、維新の会の迷走ぶりはどうしようもありません。
「このままでは、第三極の勢いや脱原発の動きが無くなってしまう」と思っていました。

同じ危機感を持っている人々がいたのだと知って、とても嬉しいです。

党首となる嘉田さんは、略歴を見ると良さそうですし期待できそうです。

生活の小沢代表は、しばらく前から嘉田さんと話し合っていたそうですが、それにしても結党の知らせを受けたらすぐに生活を解党して、未来の党に合流する手腕はすごいですね。

脱原発を強く打ち出す党としては「緑の党」があり、私は注目してきました。

こういった市民が中心となった党は、利権に縛られない爽やかさがあるのですが、「原発以外の政策はどうするか」とか「政策を実際の法案にする能力があるのか」という点が、問題となります。

この点で、今回の未来の党は、小沢さんや亀井静香さんという古株が参加する事になったので、政策を法案にまとめて成立させる力がかなり期待できます。

小沢さんと亀井さんは、以前は犬猿の仲に近かったと思いますが、 最近の二人の政策はほとんど一緒なので、「いつかは一緒になるのではないか」と思っていました。
こういう合体は、良い事だと思います。

ついこの間、『私の提案』のページに、「日本の共産党と社民党は、一緒になろう」とのアイディアを書きました。

「共産党」と「社民党」も、政策は未来の党とほぼ一緒です。
この二党も、合流したらいいと思います。

「緑の党」も、独立を維持するという理念はよく理解できるのですが、この際未来の党と連携しほうがいいと思います。
嫌になったら離れればいいのですから。

「みどりの風」という緑の党と紛らわしい名前の党がいますが、みどりの風も合流か提携をするといいと思いますよ。

未来の党が生まれた事で、民主・自公・維新という三勢力の構図に、新しい勢力が加わりました。
これは、有権者にとってすばらしい事だと思います。

有権者の多くが、「脱原発をはっきりと打ち出して、早期に実現させる党がほしい」「党が乱立しすぎていて、どこに入れればいいかが分からない」と思っていました。

この問題点が、解消されましたよ。


日記 2012年10~12月 目次に戻る