国民の生活が第一、いいじゃないですか
(2012.8.3.)

先日に発足した新党「国民の生活が第一」の政策が発表されました。

すごくいいです。期待しちゃいます。

政策を書くと、

① 脱原発を進めて10年後に全原発を廃止する。再生可能エネルギーの普及を目指す。

② 消費税の増税は廃止する。

③ 特別会計や政府関係法人を廃止し、予算の組み直しで財源を確保する。

④ 官僚の天下りの全面廃止を断行する。

⑤ 地域主権を目指し、国からのお金を地方が自分で考えて使えるようにする。

最高じゃないですか! ぜひ頑張って下さい。

この政策を実行していくなら、私は国民の生活が第一に投票します。

社民党や共産党などと政策が近いので、協力できる分野ではどんどん協力してほしいです。
もうメンツや建前にこだわらないで、前向きに協力していく時代だと思います。

民主党と自民党の、国民を置き去りにした政争を見ていると、「もうこんなのはうんざりだ」と強く思います。

私の祖母は、「党名が長くて不真面目な感じがする」と言いますが、私は『自分たちの信念をはっきりと党名として宣言する事はすばらしい事だ』と思います。

今までになかったタイプの党名ですが、私は高く評価します。

このようにはっきりと主張すれば、自ずから自己の規範にもなります。


日記 2012年6~9月 目次に戻る