衆院選で自民党が議席を維持するとの報道
一体どうなっているんだ!
(2014.12.9.)

今週末に行われる衆議院選挙ですが、我が家で取っている毎日新聞の世論調査では、何と!

「自民党が議席を維持、もしくは増やすと」予想されています。

本当なのかどうかもよく分かりませんが、この報道には驚きましたよ。

この2年間で数々の駄目な政策を行い、日本を失速させ破壊してきた安倍政権。

その安倍政権(自公政権)が、議席を維持する?

あり得ないでしょ!

私は激しくイライラし、「一体なにが起きているんだ?」と熟考に入りました。

そうして情報を集めてみると、次の事に気付きました。

『野党の中で、タカ派の党が支持を減らしている』

『安倍政権に激しく失望しているが、心が完全に折れていて無気力になり、惰性で自民党を支持し続けている人が多い』

全体的に見ると、国民の意識は、ハト派・左派に共感し始めています。

それは、共産党が議席を倍増させそうなこと、次世代の党が強力に失速していること、から明らかでしょう。

(ここでいうハト派・左派とは、強者よりも弱者寄り、戦争よりも平和、不安よりも愛、情報隠蔽よりも情報公開、原発推進よりも脱原発、といった方向性のことです)

もうあと一歩です。

多くの人々は自民党に幻滅しているし、心が折れている人々が勇気を出して、自民党から離れてくれればいいだけです。

もし安倍・自民党が議席を維持すれば、さらに日本の破壊は続けられます。

(彼の破壊行動については、1つ前の日記に書きましたから、ここでは触れません)

私は、日本を愛する国民として、それを見過ごすことは出来ません。

毎日新聞の世論調査は、私の心に火を付けました。

特定秘密保護法のとき、集団的自衛権を容認する閣議決定のとき。

それ以来で、私は完全に怒りモードに入っています。

もう怒った!

今回の選挙は、安倍政権について「イエスか、ノーか」を示す選挙と云っていいでしょう。

ですので、安倍政治についての情報を、『安倍政権を見極める』というタイトルで、集中的にアップしようと思います。

それを読んでみて、安倍政権を支持していいかを判断してほしい。

支持できないなら、自民党+公明党や、安倍政権に近い維新の党や次世代の党には、票を入れないで下さい。

これ以上、日本が破壊されていく姿や、富裕層や多国籍企業が支配力を強める姿は、見たくありません。

心が折れている場合じゃありません。

お願いします、一緒に立ち上がりましょう。


日記 2014年10~12月 目次に戻る