このウェブサイトのフォントを、メイリオに替える事にしました
しばらくは工事中となります
(2015.2.9.)

このウェブサイトの全ページについて、フォントをメイリオに替える事にしました。

2日前から、作業を始めています。

替える理由は、『パソコンによって動作環境が違い、標準フォントでないとページがきちんと表示されない場合がある』と知ったからです。

私は、OSやブラウザによって、対応フォントが違うなどとは思っていませんでした。

「そこは統一しておいてくれよ」と思います。

まあとにかく、私の今まで使用してきたフォントは、パソコンによっては全く対応していないと知ったのです。
その場合は、デフォルトの文字が表示されているはずです。

デフォルトで見ていた方は、大変に見づらかったと思います。
本当にすみません。

私の使用してきたフォントがマイナーなものと知り、大変にあせりました。
で、急いで色々と調べたのです。

そうしたところ、「メイリオ」というフォントが、一番メジャーだと判りました。

メイリオは、ウィンドウズ用のフォントで、最近は主流となっています。

実は、ホームページを立ち上げる際には、「どのフォントにしようか」と大いに迷いました。

メイリオも、その時に候補に入れました。
見やすいフォントだと思ったのですが、少し字が丸すぎる気がしたので、採用しなかった経緯があります。

調べたところ、メイリオは見やすい文字として開発され、ウィンドウズではビスタから標準で装備されています。(XPでもダウンロードで対応できます)

MACでもダウンロードすれば対応できるようですし、MACでメジャーなヒラギノというフォントはメイリオに似ており、メイリオで作成しておけばMACでも見やすいようです。

ヒラギノはスマートフォンに使用されているので、メイリオで作成しておけばスマートフォンでも見やすいらしい。

外部スタイルシート(CSS)というものを使って、新フォントを全ページに一括指定する道もあるのですが、ネットで見る限りでは敷居が高かったです。

だから、1ページずつ修正していく事にします。

もともと、メイリオは見やすさを優先するために、他のフォントとは字のサイズや行間が違います。

そのため、メイリオにしたら全てのページを修正しなければならない。

「どうせ修正するなら、1ページずつやっていった方が、作業が分かりやすい」と考えました。

そんなんで、このウェブサイトはしばらく工事中(フォントの移行期間)に入ります。

ページ数が多いので、工事は2ヵ月くらいかかると思います。

新しいページを作成するのは、しばらく休むかもしれません。

どうぞご了承下さい。

作業を始めるにあたって、既存のページのHTMLのタグを初めてチェックしてみました。
要らないタグが、かなりありました。

タグについて全く知らなかったのですが、HTML文章とにらめっこし、ネットで情報を見た結果、けっこう分かってきました。

以前だと、HTML文章を見るだけで頭が痛くなったのですが、ブログを立ち上げる際にスタイルシートを少しだけですがいじった経験により、免疫ができていたようです。

多少は頭が疲れますが、身体が拒否反応を起こす事態にはなりません。

(追記)
ネットで情報を集めた結果、やっぱり外部CSSを導入することにしました。
それについては、こちらの記事をご覧ください。


日記 2015年1~3月 目次に戻る