なでしこジャパン
中国戦について衝撃の事実
川村優理よ、海外に出るんだ
(2016.3.14.)

なでしこジャパンは先日に、リオ五輪出場をかけた最終予選で敗北しました。

その第3戦だった「日本対中国」について、衝撃の事実を知った。

今日はその事をメインにし、最後に川村選手にハッパをかけようと思います。

私は、たまにサッカーダイジェストやサッカーキングのウェブサイトを見て楽しんでいるのですが、数日前に『中国戦についての記事』を目にした。

そうして、心底から驚いたのです。

私が驚愕した部分を、書き出します。

(以下は、サッカーキングWEBから抜粋)

第3戦の中国戦では、佐々木監督は第2戦で機能していた4-2-3-1から、再び4-4-2に戻した。

そして、「2トップの大儀見と横山に向けて、ロングボールを多用しろ」と指示を出した。

選手達はその指示を徹底できず、立ち上がりから不安定なプレーを連発する。

そして、14分に自陣でのパスミスから先制点を許した。

大儀見の試合後のコメント

「監督がそういう判断をしたのだから、選手は従うべき。

 でも前半の立ち上がりは、徹底できなかった。
 まだまだプロフェッショナルでない部分かなと思う。

 ロングボールを多用する方がチャンスになりやすかった。

 短くパスを繋いでも効果的でないとなると、ロングボールを前線に入れて、
 こぼれ球を拾う形の方がゴールする確率が高いから。」

少ない手数でゴールに迫る考えは理解できるが、それは日本の持ち味を捨てる手でもあった。

選手間の距離は開き、オーストラリア戦と同じ苦境になってしまった。

中国のビニ監督は試合後に、「フィジカルプレーに集中しろと選手に伝えていた」と話している。

体格で優る中国に、日本はロングボール主体の攻撃で挑み、球際の勝負に出てしまった。

中国にとって、願ってもない展開だったろう。

結果が出ない中で、焦った佐々木監督は、安直な手法に傾斜してしまった。

日本は1-2で敗れ、4大会ぶりの予選敗退が決まった。

(抜粋はここまで)

中国戦での日本は、確かにロングボールを繰り返し前線に放り込んでいた。

そうして、攻撃に厚みは出ないし、ボールはすぐに奪われるし、陣形は崩れまくるしで、最悪の状況になっていた。

ボランチの阪口が、深い考えなしにロングボールを前線に蹴りまくる姿を見て、
「よほど中国のプレッシャーがきついんだな」と思っていた。

まさか、監督の指示だったなんて……。

日本は初戦の対オーストラリアで、細かくパスをつなぐサッカーをしようとしたが、出来なかった。

その原因は、次の5つです。

「宮間と阪口の両ボランチが全く精彩を欠き、攻撃も守備も停滞した」

「ゲームの組み立てを任された宮間が、パスミスを連発した」

「選手全員に固さがあり、動きが緩慢だった」

「調子の上がらない選手(宮間、大野、鮫島)をスタメンに選んだため、
 全体的に活気がなかった」

「GK山根の足技が未熟で、後方でのパス回しが拙かった」

こうした問題点を改善するために、第2戦では4-2-3-1を採用して宮間はトップ下にし、ボランチは川村と上尾野辺にして、大野・鮫島・山根はスタメンから外した。

上尾野辺が機能しないので、途中から宮間がボランチに入ったが、初戦よりははるかに良いサッカーをしていた。

とはいえ、宮間の不調は深刻で、動きにはキレがなく、パスミスも多かった。

この流れを受けて、第3戦では、川村と阪口がボランチのスタメンとなった。

はっきり言って、宮間も上尾野辺も、ボランチではそれなりの選手にすぎない。
私は今までの日本代表戦やなでしこリーグを観てきて、これを確信しています。

ようやく、日本最高のボランチである川村と阪口が起用された。

だが、川村は精彩を欠き、前半だけで交代となった。

阪口も、上記したように精度のないロングボールばかり蹴っていた。

この悲劇について、私は何が原因なのか分からず、3月5日の日記で「分からない、本当に分からない」と匙を投げていた。

日本で最強のボランチコンビが、今シーズンのなでしこリーグで最も輝いていた選手2人が、あんな醜態をさらすなんて、不可解だった。

それが、上で抜粋したサッカーキングの記事を見て、謎が全て解けた。

川村と阪口の2人は、とても知的な選手で、ボールを安易な気持ちでパスしたりしない。

この2人は、本当にボールを大事に扱う選手で、だからこそ私は深く信頼しているのです。

そんな2人に、「ボールを持ったら、とりあえず前線に放り込め」と指示するなんて。

「お前は死ね」と言うのに等しい行為だ。

それも、相手は体格に優れる中国だ。

ロングボールを放り込む戦術で挑んでも、上手くいくはずがない。
実際に、惨めな結果に終わった。

頭の良い川村と阪口は、「これでは上手く行かない」と分かっていたはず。

だからこそ、精彩を欠いたプレーになってしまったのだ。

単純な大儀見らと違い、サッカー・センスに優れる川村と阪口は、監督の指示に「自殺行為だ」と感じたのではないか。

それ故に、意欲が湧いてこず、特に川村は覇気のないプレーになってしまったのだ。

私は、川村さんと阪口さんへの同情心で一杯ですよ。

「苦しかったよね、自分を否定されるプレーを強いられて。頑張ったよ君たちは。」と慰めてあげたい。

中国戦の敗北は、佐々木監督の最悪の采配が原因です。

あり得ないでしょ、ロングボールを主体にしたフィジカル・サッカーを日本がするなんて。

それを理解した上で、なでしこのパスサッカーを作り上げてきたのに。

「ロングボールを前線に放り込むスタイル」は、日本に全く向いていない。

だが、それをやるならば、FWは「高瀬」ですよ。

今予選に選ばれたFWの中で、最も身体が強いのは、大儀見と高瀬です。

高瀬は、身体の太さに似合わず、けっこうスピードもある。

だが中国戦では、高さとスピードのない横山がFWに選ばれ、大儀見と並んだ。

もし私が今予選のメンバーで「ロングボール主体のフィジカル・サッカー」をするなら、
ボランチには川村と田中を起用する。

この2人は、フィジカル・コンタクトに強いからです。

特に川村は、全選手の中で最もヘディングの競り合いに強く、フィジカル・コンタクトでも
強いので、「大胆に攻撃参加しろ。時には最前線まで行って、相手DFと競り合え」と指示する。

SMFには、大野と川澄を使う。

この2人は、頭が良くて攻守のバランスを取ってくれるし、味方のフォローも上手い。

この2人ならば、守備時は穴を埋めてくれるし、攻撃時はこぼれ球をある程度まで拾ってくれると思う。

CBは、岩清水と熊谷しか選択肢がないから、それで起用する。

SBは、近賀と有吉を使う。

この2人は、粘り強い守備ができるからです。

近賀は大胆な攻撃参加を売りにしているが、「前線に上がらずに、守備的な位置をキープしろ。川村や田中に攻撃参加をさせるから、その代わりに守備を担当しろ。」と指示する。

GKは、山下を選ぶ。

彼女は、山根と福元よりも足元の技術が高い。

だから彼女を起用し、「ボールをもらったら、時には最前線のFWにもパスを出せ」と指示する。

これだけの明確なスタメン起用と監督指示を出せば、選手たちも観客も理解できる。

「いつもとは違うサッカーをするんだな」と、はっきりと分かる。

だが佐々木監督は、いつもと同じようなスタメンを、中国戦でも並べていた。

これじゃあ選手は迷うよ。

はっきり言って、ロングボール主体のフィジカル・サッカーをするのに、
横山や宮間や鮫島をスタメンにする時点で、佐々木監督にサッカー・センスが無いのは明らかです。

「こんな監督で、よく今まで良い成績を残してこれたな」と、逆に感心してしまった。

選手たちが、監督の力量不足を補ってきたのではないか。

中国戦の敗戦は、起こるべくして起こった。

佐々木監督の能力不足と迷走が原因だった。

中国戦については、これで全て反省を終えることが出来ました。

ここからは、川村選手について書きます。

私は、これまで何度も「川村が日本で最も才能のある選手だ」と書いてきました。

この考え方は、今予選の5試合を見終えてからも、変わっていません。

だが、彼女は未だに『なでしこジャパンの中心』に成りきれていない。

佐々木監督が彼女を日陰者にしてきたのも大きいのだが、それだけではない気がする。

川村さんは、その才能に似合わず、日本代表に入ったのも早くなかったし、ベガルタ仙台という地味なチームに所属するため注目されてこなかった。

はっきり言って、彼女を一貫して高評価してきたサッカー・ファンは、私くらいしか居ないのではないか。

私は川村選手を応援するファンの第一人者として、次の提案をする。

「川村優理よ、海外リーグに挑戦しろ。

 君は、なでしこジャパンのスタメンになるかならないかの位置を、フラフラしている
 選手でいてはいけない。

 なでしこジャパンの太陽の様な存在に、ならなければならない選手なのだ。

 君の才能は、まだ完全には開花していない。

 レベルの高い環境に身を置き、世界一の選手に進化しようじゃないか。」

私は、安易に海外に活路を見い出そうとするのは、大嫌いです。

多くの有識者は「どんどん海外に出るべきだ。早く出れば出るほど良い。」と言うのだが、
それに賛同したことは一度もありません。

海外リーグをやたらと信奉する人に対しては、「日本で育成する事を放棄している」とか
「海外コンプレックスを持っている」と思ってきた。

国内で世界トップクラスの選手を育てられない国が、W杯で優勝できるはずがない。

W杯の優勝を目指すのなら、海外リーグを推奨するよりも、『国内リーグの充実』に情熱を注ぐべきです。

だから、今まで誰かに対して「海外に挑戦しろ」とハッパをかけた事はなかった。

ここでの提案は、例外中の例外です。

川村さんは、男女を合わせても、「現役選手の中では、最も可能性を秘めた選手だ」と考えています。

私は、「日本人がバロンドールを獲るならば、一番可能性が高いのは川村だ」と書いた事があり、その気持ちに変化はない。

少し前までは、なでしこリーグは世界トップのリーグでした。

だってそうでしょ。W杯で優勝したメンバーの多くが、そこでプレイしているのだから。

でも、ここ1~2年でヨーロッパのクラブチームが凄く力をつけてきました。

逆にいうと、なでしこリーグは停滞している。

もちろん、日本で最高の選手の1人である川村さんには、なでしこリーグでプレイしてほしいよ。

彼女のプレイで、リーグを盛り上げてほしい気持ちは強い。

だけど、川村さんは世界一の選手になれる人材です。

だから海外の強豪チームに移籍し、最高の環境で腕を磨いて、なでしこジャパンの中心になるのを目指すべきだと思い直した。

年齢的にも、26歳と最適の時期ですよ。

私は、自分のスタイルがかなり確立しているこの位の年齢が、海外に挑戦するのに良い時期だと考えています。

自分に合っているチームや、自分に足りないものを得られる環境を、きちんと選べるだけの
判断力を備えるのは、20代の後半になってからだと考えているので。

川村さんのずば抜けた才能と明るい性格を考えると、海外の強豪チームに行けば、
怪我さえしなければ飛躍的な成長を遂げると思います。

なでしこリーグから居なくなるのは寂しいけど、ぜひ検討してほしいです。


日記 2016年1~3月 目次に戻る