フランスは傀儡政権を作ろうとし、
バオダイにベトナム国を建国させる
ベトナムは2つに分裂し、冷戦に組み込まれる

(これならわかるベトナムの歴史、わかりやすいベトナム戦争、から抜粋)

『インドシナ戦争』が始まると、ハノイやサイゴンといった主要都市はフランスが押さえたものの、北部・中部の山岳地帯と南部のメコン・デルタはベトナム民主共和国が押さえた。

フランスは、自分の言う事を聞く政権を作ろうとし、バオダイを香港から連れてきて、1949年7月に『ベトナム国(後の南ベトナム)』を作らせた。

1950年に入ると、中国は世界で初めてベトナム民主共和国(ホー・チ・ミンらの国)を承認した。

次いで、ソ連も承認した。

これを見たアメリカは、すぐにベトナム国を承認して、軍事援助を始めた。

こうしてベトナムは、「冷戦」という対立に組み込まれていった。

(2014.3.27.)


ベトナム史 独立~分裂~ベトナム戦争 目次に戻る