北ベトナムでは、社会主義の政策が実施される

(『これならわかるベトナムの歴史』から抜粋)

1953年に、ベトナム民主共和国(北ベトナム)では、フランス人、フランスに協力したベトナム人、悪辣な地主、の土地は没収されて、商工業者の土地は買い上げられた。

中国を真似て、社会主義の政策をしたのである。

54年になると、北ベトナムは強力な土地改革を実施し、悪辣な地主やフランスに協力していた人々など80万人が南ベトナムに移動した。

その後、北ベトナムは「合作社」という組織を作って、農業の集団化が進められた。

わずかな自留地以外は、すべて合作社の共有となった。

(2014.3.27.)


ベトナム史 独立~分裂~ベトナム戦争 目次に戻る