ファン・ボイ・チャウ 独立運動の先駆者

(『これならわかるベトナムの歴史』から抜粋)

ファン・ボイ・チャウは、ベトナム中部のゲアン省の貧しい農村で、1867年に生まれた。

父は儒学者であり、ファンは1900年に科挙に合格した。

ファンは、各地でヴァンタン(知識人)が蜂起するのを見て、自分も加わる事にした。

彼は、各地で単独に蜂起してもフランスに太刀打ちできない事を悟り、同志を募って各地を回った。

そして、『ベトナム維新会』を創り、援助を求めて1900年に日本に渡った。

彼は、後に首相となる犬養毅から「人材の育成こそが国づくりの基本だ」と諭され、ベトナム青年の日本留学を呼びかけた。

これを、『ドンズー(東遊)運動』という。

一時は200人を超えるベトナム青年が日本に留学したが、1907年に日本とフランスが協定を結ぶと、頓挫した。

この協定では、フランスは日本の韓国での権益を認め、日本はフランスのインドシナ支配を認めた。

そのためフランスは、協定を盾にして、ベトナム青年の日本追放を要求したのである。

この日本の態度を見て、ファン・ボイ・チャウらは「日本は、フランスとなんら変わらない」と失望した。

ファンは中国に渡り、活動を続けた。

1911年に中国で辛亥革命が成功すると、ファンはこの革命に倣って『ベトナム光復会』を結成した。

しかし武装蜂起に失敗して捕まり、終身刑となりフエに軟禁された。

(2014.3.14.)


ベトナム史 フランスの植民地時代~日本の占領時代 目次に戻る