日本はクーデターを起こして、バオダイに独立を宣言させる
そして実権を握る

(『これならわかるベトナムの歴史』から抜粋)

フランス本国が連合軍によって解放されると、日本はインドシナでの支配を固めるために、1945年3月にベトナムでクーデターを起こした。

そして、かつてのグエン朝の子孫であるバオダイ(保大)に、ベトナムの独立を宣言させた。

インドシナ総督の職は、日本軍司令官が継ぎ、総督府の重要なポストにも日本人を就けた。

日本軍は、ラオスやカンボジアでも独立を宣言させて、実権を握った。

(2014.3.21.)


ベトナム史 フランスの植民地時代~日本の占領時代 目次に戻る