レザー国王はドイツと同盟を結ぶ
懸念したイギリスとソ連はイランに攻め込み、レザーを廃位する

(物語イランの歴史、誰にでもわかる中東、から抜粋)

レザー国王は、イギリスとソ連の干渉に対抗するため、ドイツと同盟を結んだ。

そしてナチス・ドイツから軍事支援をうけたが、これが連合国に懸念を呼んだ。

第二次世界大戦が始まると、レザー国王はいち早く「中立宣言」をした。

しかし英ソ両国は、「ドイツ人を駆逐する」と言って、1941年8月25日にイランに攻め込んだ。

ソ連は北部から、イギリスは南部から、イランに侵攻したのである。

そしてレザー国王を廃位した。

レザーは南アフリカに移住し、44年7月に死去した。

イギリスとソ連は、「ドイツ人の軍事顧問のイランにおける活動は、イランのすぐ北にあるソ連領バクー油田にとって脅威である」と考えた。

バクー油田の保護と、イランの石油の奪取が、連合軍の目的だった。

イランを占領すると、イギリスは、アングロ・イラニアン石油会社(アングロ・ペルシアン石油の後身)の施設を増やした。

ソ連とアメリカの石油会社も、利権を要求した。

(2014年1月19日に作成)


イラン史 パフラヴィー朝 目次に戻る