国王が主導するアメリカ型の流儀に、不満が高まっていく②
ある男のイランでの体験

(『エコノミック・ヒットマン』ジョン・パーキンス著から抜粋)

1975~78年に、私は頻繁にイランを訪ねた。

私が勤めるアメリカのメイン社は、イラン国中の発電システムを設計していた。

1977年のある晩、ホテルの部屋に戻ると、ドアの下から手紙が押し込まれていた。

きれいな手書きの英語で、「イランの真実が知りたければ、指定されたレストランまで来てほしい。ヤミン。」とあった。

私は誘惑に勝てず、タクシーでそのレストランに向かった。

ヤミンは英語を話すイラン人で、奥まった個室に私を導いた。

彼は「砂漠に花を咲かせようプロジェクトを知っているか?」と私に尋ね、こう言った。

「イランはかつて肥沃な平野と森だったと、国王は信じている。

 そして、『数多くの樹木を植えよう、そうすれば再び砂漠に
 花が咲く』と主張している。

 このプロジェクトは、あなたの会社に莫大な利益(仕事)を
 もたらすでしょう。

 あなたにお尋ねしたい。

 あなたの国(アメリカ)に元々住んでいたネイティブアメリカン
 の文化を破壊したのは、何だったのでしょうか?」

「様々な要素はあるが、武力ではないでしょうか」と、私は答えた。

「実は、環境破壊が大きかったのです。

 森林が切り開かれ、バッファローなどの動物が絶滅に瀕し、
 人々は居留地に移住させられた。

 この国でも同じなのです。

 砂漠に花を咲かせる計画は、私たちの環境を根底から揺るがす
 ものです。

 国王にアイディアを植え付けたのはアメリカ政府で、
 国王は操り人形にすぎません。

 私たちは、そんな計画は決して許しません。
 私たちは砂漠と一心同体なのです。」

ヤミンは最後に言った。

「私の友人を紹介したい。きっとあなたの為になる。」

数日後に、私はヤミンの車で、ある場所へ行った。

そしてヤミンは、ドクという人物を紹介した。

ドクは車椅子に座っており、ランプを背にしていた。

「歓迎するよ。
 私は廃人だが、昔は国王の側近だった。

 世界の指導者たちとも親しく付き合った。
 アイゼンハワー、ニクソン、ドゴール。

 私は国王を信じていた。イランを新時代に導くと。」

ドクが身体の向きを変えると、鼻が削ぎ落とされているのに気付いた。

私は身震いし、声を上げそうになった。

「暗くてはっきり見えないのが幸いだよ。実にグロテスクだからね。

 私は、公的にはとうに死んだ人間だ。」

イスラム教の刑罰には、鼻を削ぐものもある。

ドクは話を続けた。

「イラン国王は、実は悪魔のような奴だ。

 彼の父は、ナチスの協力者だとしてCIA(の前身)によって
 退位させられた。

 口にするのもおぞましいが、私もそれを手助けした。 

 今日では、国王はヒトラーをしのぐ道を進んでいて、
 アメリカから知識と協力を得ている。」

「それは、なぜですか?」

「国王は中東ではアメリカにとって唯一の盟友だし、
 先進国は中東の石油で機能しているからだ。

 だが、国王はもう長くない。
 イスラム世界は彼を憎悪している。

 われわれイラン人は、彼を憎んでいる。」

ヤミンが静かな声で付け加えた。

「国王を支持しているのは、利益を得ている実業家階層の一握りの人々だけです。」

私は言った。

「ですが、私はイランを4度も訪ねていますが、皆が国王を愛して評価していました。」

ヤミンは、こう分析した。

「あなたはペルシア語を話さない。 

 アメリカやイギリスで教育を受けた英語を話すイラン人は、
 結局は国王のために働くことになる。

 あなたの国のマスコミは、国王と親しい連中としか話さない。
 そもそもそのマスコミは、石油企業にコントロールされている。」

ドクはこう続けた。

「なぜ私たちが、君にこんな話をするか分かるかね?

 『この国から手を引くべきだ』と、君の会社を説得してほしい
 からだ。

 今の政権は、遠からず破滅する。

 そして、取って代わるのは君達と全く相容れない人々だ。」

帰りの車中で、ヤミンは言った。

「あなた達がイランから去ってくれれば、流れが生まれる。

 われわれは、この国で大虐殺など起こってほしくない。

 手遅れにならないうちに、ここから去るべきだ。」

ドクの予言は、現実になった。

イランでは革命が起き、メイン社らは大損害をこうむった。

イランの国王や民衆について、アメリカでは間違った情報しか与えられていなかった。

イラン国内にオフィスを構えていたメイン社のような企業でさえ、真実を知らなかったのだ。

(2015年7月4日に作成)


イラン史 パフラヴィー朝 目次に戻る