金日成は北朝鮮に帰国し、
ソ連の傀儡として指導者に就く

(『そうだったのか!現代史2』から抜粋)

1945年に朝鮮半島を米ソが分割すると、ソ連は北朝鮮に「自分の言う事を聞く国家」を作ろうとした。

スターリンは1945年の8月末に、ソ連極東軍に対して「ソ連の言う事を聞く朝鮮人の指導者を、私に推薦しなさい」と命じた。

極東軍は、「極東軍に所属している、ソ連軍大尉の金日成が最適です」と報告した。

金日成は、9月にスターリンと面談した。

スターリンは、自分の言葉に頷くだけの金日成に満足し、北朝鮮の指導者にする事に決めた。

金日成は、1945年9月19日に、ソ連の軍用船で北朝鮮に上陸した。

そして10月14日に、平壌で演説した。

当時の北朝鮮には、『金日成将軍の伝説』という噂が広まっていた。

「金日成という将軍が、各地で日本軍と戦い、大きな戦果を挙げてきた」との噂である。

その金日成将軍がソ連軍と一緒に戻ってきた、というので、大勢の人が演説に集まった。

しかし演説しているのは、33歳のソ連軍の男である。
聞いていた人々は、「ニセモノだ」と思い、騒ぎ始めた。

会場を警備していたソ連軍は、威嚇射撃をして鎮めた。

1946年2月に、「北朝鮮の臨時の人民委員会」が発足した。

委員長には、金日成が就いた。

ソ連の支配に反対する人々もいたが、ソ連軍と北朝鮮の保安隊が弾圧した。

46年11月には、第1回の「人民委員会の選挙」が行われた。

各選挙区から1人しか立候補しておらず、自由な選挙とはかけ離れたものだった。

この選挙で選ばれた者が集まって、『北朝鮮の人民委員会』を結成した。

この委員会が、北朝鮮の政府になっていった。

委員長は、当然ながら金日成である。

(2014.1.4.)


北朝鮮史 目次に戻る