2002年7月に、物価調整と為替レートの調整を行う

(『そうだったのか!現代史2』から抜粋)

2002年7月に、北朝鮮では「経済改革」が予告なしに行われた。

コメ1kgの価格は、0.08ウォンから44ウォンへと、550倍も引き上げられた。

住宅の家賃は、それまでは無料だったが、有料になった。

これに伴って、労働者の賃金も引き上げられた。

平均月給は、110ウォン→2000ウォンへと18倍になった。
しかし物価の値上がりよりも、ずっと小幅です。

通貨のウォンは、アメリカドルに対して70分の1に引き下げられ、1ドルは150ウォンになった。

これで換算すると、北朝鮮の月給は13ドル程度である。

それまでの北朝鮮は、生活必需品はすべて配給だった。

ところがモノ不足のため配給は滞りがちで、国民は闇市で買っていた。

この現状を改善しようというのが、この改革である。

要するに、闇市で販売される実勢価格に、公定価格を近づけたのだ。

しかし、物価や名目賃金を引き上げても、商品生産が伴わなければインフレになるだけである。

北朝鮮の工場の操業率は、30%を切っている。
これでは、充分な商品生産ができるわけがない。

(2014.1.4.)


北朝鮮史 目次に戻る