タックスヘイブンは、4つのグループに分けられる
① ヨーロッパ圏

(『タックスヘイブンの闇』から抜粋)

世界にはおよそ60のタックスヘイブンがあり、次の4つのグループに大別できる。

① ヨーロッパ圏

② シティ・オブ・ロンドンを中心とするイギリス圏

③ アメリカ圏

④ その他

ヨーロッパ圏のタックスヘイブンは、第一次大戦中に、本格的に活動するようになった。

諸国の政府が、戦費をまかなうために大増税したからである。

スイスの有名な秘密保護法は、1934年に制定された。

ルクセンブルクは、1929年から免税方針を採り、今日では世界トップクラスのタックスヘイブンである。

2010年3月に、韓国の情報機関が「北朝鮮の金正日は、40億ドルをヨーロッパに隠匿している。ルクセンブルクが特にお気に入りだ。」と報告している。

オランダもタックスヘイブンの1つで、2008年には18兆ドルの資金が、オランダのオフショア法人を通過した。

オーストリア、ベルギー、リヒテンシュタイン、モナコ、も有名なプレイヤーである。

(2014.3.8.)


世界情勢の勉強 脱税(タックスヘイブン他) 目次に戻る