脱税(タックスヘイブン・オフショア・マネーロンダリング)

はじめに  タックスヘイブン、オフショア、マネーロンダリングとは何か

租税回避は、世界中で横行している  タックスヘイブンとは

タックスヘイブンは、4つのグループに分けられる  ① ヨーロッパ圏

   ② シティ・オブ・ロンドンを中心とするイギリス圏

   ③ アメリカ圏

タックスヘイブンとオフショア・サービスは、税制や規制を破壊してきた

オフショア・システムは、途上国から年間に1兆ドルを奪っている

途上国がいつまでも貧しいのは、資本が流出しているから  国を売ってカネを得る指導層が根本の原因

  オフショア・システムは、金融・経済危機の主因である

     フランスとガボンの汚れた関係

    オフショア金融の手口  ラダリング

    多国籍企業の脱税の手口  移転価格操作①

    多国籍企業の脱税の手口  移転価格操作②

    多国籍企業の脱税の手口  二重非課税

    富裕層の脱税の手口  信託(トラスト)

    富裕層の脱税の手口  ボンド・ウオッシング

  ヴェスティ兄弟  グローバル企業と脱税のパイオニア

  タックスヘイブンの一等国 スイス①  その歴史

タックスヘイブンの一等国 スイス②  ヨーロッパから持ち込まれる資産の80%は無申告

タックスヘイブンの一等国 スイス③  銀行がすべてを牛耳っており、表現の自由度は低い

  ドイツによるスイス銀行での脱税の摘発 (2013年5月)

   イギリス圏のタックスヘイブン①  ケイマン諸島①

   イギリス圏のタックスヘイブン①  ケイマン諸島②

   イギリス圏のタックスヘイブン②  ジャージー

   イギリス圏のタックスヘイブン③  香港

   イギリス圏のタックスヘイブン④  シンガポール

イギリス圏のタックスヘイブン⑤  モーリシャス  ラウンド・トリッピング

   BCCIの不正事件  イギリスが背後に見える

カリブ海のオフショア・システムは、アメリカのマフィアが作った

アメリカ圏のタックスヘイブン①  フロリダ州マイアミ、繰り延べ税金

アメリカ圏のタックスヘイブン②  IBF(インターナショナル・バンキング・ファシリティ)

アメリカ圏のタックスヘイブン③  債券利子への課税免除、QI制度

アメリカ圏のタックスヘイブン④  ペーパー会社を受け入れる各州

アメリカ圏のタックスヘイブン⑤  デラウェア州 全米一の規制の緩さ

   ケインズ①  世界大恐慌を見て、考えを改める

ケインズ②  ケインズらは、ブレトンウッズ体制で資本移動を規制しようとした

ケインズ③  資本の移動が規制されると、資本主義の黄金時代となった

イギリスでは、ケインズの理論は根付かなかった  原因はイングランド銀行とシティ・オブ・ロンドン

   規制を逃れると、銀行はそれだけで利益が上がる

イングランド銀行は、巨大な脱税市場であるユーロダラー市場を創る

ユーロダラー市場はどんどん拡大し、1997年には国際金融の90%が経由するまでになる

2014年3月8日作成開始


世界情勢の勉強 トップページへ戻る