プロパガンダの主目的は、
人々に「自分は無力で孤立している」と思わせること

(『チョムスキー、世界を語る』から抜粋)

チョムスキー

アメリカでは、常に世論調査が行われています。

それは基本的に、実業界が民衆の考えを知りたがるからです。

毎年、世論調査では「政府は誰のために働いていると思いますか」と質問されます。

この質問には、半数の人が「少数の特定の人間のために働いている」と回答しています。

レーガン政権の時代には、この回答が80%に達しました。
80%以上の人が、政府は茶番劇だと考えていたのです。

質問者

政府はつねに、「自分たちは皆のために働いている」と宣伝しています。

プロパガンダは、それほど効果を上げていないのでしょうか?

チョムスキー

プロパガンダというのは、人々に「自分は無力で孤立している」と思わせれば、成功なのです。

広告・宣伝産業にとって理想なのは、『各個人を、他人や家族から切り離すこと』です。

これに成功すると、人々は「流行の商品」といった生活の軽薄な部分にしか関心がなくなり、政治において「観客」の立場に留まります。

質問者  極右勢力については、どう思いますか。

チョムスキー

そういう勢力の台頭には、無力感を見てとる事ができます。

ファシズムも、無力感から生まれます。

「我々を守ってくれる者は、どこにも居ない。

 我々に対して良くない事をしようとしている者がおり、
 脅威にさらされている。」

こういう不満に、右翼はつけ入るすべを心得ています。

(2014.5.25.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る