労働組合は、民主主義を進める素晴らしいものだ

(『チョムスキー、世界を語る』から抜粋)

チョムスキー

私は、労働組合を信じています。

労働組合は、民主主義の発展において決定的な役割を演じましたし、貧者が団結して行動できる場所の1つです。

それだからこそ、支配者層とメディアが狙いをつけているのです。

アメリカでは、組合は攻撃を浴び続けています。

組合への加入者は、労働者全体の15%にまで減少しました。

しかし最近は、再出発の機運が見られます。

社会は進歩しましたが、社会的な階層構造は変わらずです。

だからこそ、階級闘争があるのです。

質問者  そうしますと、マルクス主義は今日でも有効な理論なのですか?

チョムスキー

最初にはっきりさせておきましょう。

私の目には、ある個人の名を冠したものは、それだけで疑わしく見えます。

マルクス主義とかフロイト理論と呼ばれるものは、宗教と化している可能性が高いです。

その人物を神格化しているからです。

実際のところ、マルクス主義は過去において、マルクスを神格化しました。
それは、一種の宗教でした。

マルクスの述べた事の多くは、非常に示唆に富んでいます。

有意義な部分は取り入れて、そうでない部分は棄てるべきです。

これは、誰の考えについても同じです。

(2014.5.25.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る