アナーキズムの精髄とは

(『チョムスキー、世界を語る』から抜粋)

質問者  今でも、自分をアナーキストだと考えていますか?

チョムスキー

アナーキズム(無政府主義)の中には、古典的リベラリズムの直接の遺産とも言うべき1つの流れがあります。

それは、資本主義から自由と民主主義を守ろうとするものです。

アナーキズムは、人々の役に立つような組織を提供しようと、様々な組織の形態を模索しています。

アナーキストには、根本的な考え方があります。

それは、『権力者はいかなる者であれ、批判的な検討をまぬがれない。権力は、自身の正当性を証明しなければならない。』というものです。

証明抜きの権力者の自己正当化は認めない。

権力の位置を正確に見極めて、「その権力の根拠を示せ」と申し渡す必要があるのです。

正当性を証明し得ない権力は、いずれも非合法なものであり、くつがえす権利がこちらにあるのです。

私の考えでは、これこそがアナーキズム思想のもたらした根本的な寄与です。

(2014.5.26.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る