インターネットを上手く活用すれば、民主主義を推進できる

(『チョムスキー、世界を語る』から抜粋)

チョムスキー

インターネットは、元々は公的資金で開発されたもので、1995年に民間の手に移されました。

以前は、ペンタゴンと全米科学財団(NSF)の管轄でした。

インターネットは、組織の外部にいながら情報をキャッチしたい場合には、なくてはならないものです。

例えば、国家間の通商条約について知りたければ、情報が見つかるのは新聞ではなくインターネットです。

実際に、「投資に関する多国間協定」をつぶした闘争では、インターネットが重要な役割を果たしました。

東チモール紛争でも同じです。

民主主義の運動はインターネットを活用し、最後にはスハルト政権を打倒しました。

しかし一方で、インターネットは巨大なスーパーマーケットでもあります。

大企業はマーケティングの道具にして、各個人の力を弱めようともくろんでいます。

すべては、『人々がインターネットとどう向き合っていくか』にかかっています。

(2014.5.26.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る