民主化を成し遂げるには、普段からの努力が必要です

(『すばらしきアメリカ帝国』から抜粋)

チョムスキー

民主化を成し遂げたいのであれば、普段からの努力が必要です。

物事を変えるのは、「教育」「組織化」「積極的な活動」です。

ベトナム戦争の時も、アメリカで反戦運動が盛り上がったのは、戦争が始まってから何年も経った後でした。

当初は反対運動は起こらず、反戦集会は学生たちに妨害されるなど、メディアも学生も戦争を支持していました。

この事実は、歴史から消し去られています。

「かつては凄まじい反戦運動があったが、今はない」と言われがちですが、反戦運動が勢いを得るには、何年もの努力があったのです。

ひたむきな努力があれば、人々の意識を大きく転換できます。

質問者

世界的な問題について、個人としては何ができるのでしょうか?

チョムスキー

できる事は沢山あります。

皆が聞きたいのは、『あっという間に解決するための方法』だと思います。

「デモに参加したが変化はなかった。2003年2月15日には1500万人が街頭を行進したが、ブッシュ大統領は戦争を始めた。これでは絶望的だ。」と考える人もいます。

しかし、物事は一気には前進しません。

来る日も来る日も徹底して続ける事が必要なのです。

奴隷制度の廃止、女性の権利の確立、選挙権の獲得、労働者の保護。

こうしたものは全て、長年の努力の結果です。

民主的文化を発展させなければ、あなたが票を入れた党が公約を果たすことはありません。

選挙で投票するだけでは、変化は訪れないのです。

(2014.7.4.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る