政府の機密文書の指定は、
自国民が真実を把握しないために行われる

(『すばらしきアメリカ帝国』から抜粋)

チョムスキー

アメリカ政府は、なぜ真実を伝えないのでしょうか。

嘘をつくよりも本当の事を言うほうが楽だし、隠そうと努力する必要もない。

権力が真実を隠すのは、一般国民をまったく信用していないためです。

質問者

バートランド・ラッセルは、「植民地の状況に関心を持たない市民がいる事が、帝国主義の本質である」と言っています。

チョムスキー

関心を持っている人もいるのですが、知らされないのです。

プロパガンダには、『自分の罪に関して口をつぐむこと』も含まれます。

本当の事を知れば、人々は許しません。

イラク戦争でのファルージャにおける出来事もそうです。

アメリカ海兵隊はファルージャに侵攻し、数百人を殺害しました。

その後アメリカは、攻撃されてファルージャから退却しました。

もし1960年だったら、B52による爆撃などで簡単に片付けていたはずです。

どうして今回は決行しなかったのか。
アメリカ国民が許さないためです。

昔なら簡単に行えた殺人作戦は、もはや実行できないのです。

私は、政府関係文書を読むのに長い時間を費やします。

機密文書は、誰から秘密を守っているのか?

主に、自国民からです。

機密文書のうち、安全保障に関するものはごく僅かです。

権力者にとっては、自国民という最大の敵が真実を把握できないようにする事が、いちばん重要なのです。

(2014.7.9.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る