過去にも、TPPのような秘密協定を目指す動きがあった
人々が結束すれば止められる

(『チョムスキー、世界を語る』から抜粋)

チョムスキー

OECDに「投資に関する多国間協定(MAI)」を諦めさせたのは、組織的な反対運動でした。

(MAIは、1998年12月に廃棄された。

 この協定では、外国人投資家と国内投資家の差別撤廃を
 目指していた。)

この件では、フランス人の活動家が決定的な役割を果たしました。

アメリカでは、「迅速な手続き」(行政が議会の審議を経ずに、通商協定を締結できるようにするもの)をホワイトハウスが導入しようとしましたが、支持を得られずに廃棄されました。

ニューヨーク・タイムズ紙の一面にのった最近の記事で、ヨーロッパ特派員はこう述べています。

「ヨーロッパ人は、何を食べるかを自分で決めたがる変な連中だ」

彼は、「アメリカの多国籍企業の言う事を聞いていればいいんだ」と主張していました。

モンサント社(アメリカの遺伝子組み換え作物の大手企業)は、遺伝子操作のテクノロジーに関わる人体実験を、全世界で実施しています。

この会社は、公に謝罪し、実験のいくつかを中止する事を約束させられました。

これも、フランスの集会がものをいったのです。

この100年間の間に、着実に人権は拡大しています。

権力者は総力をあげてそれに歯止めをかけようとしており、闘いは続いています。

質問者

権力者たちには、ピラミッド状の権力構造が存在しますか?

チョムスキー

ピラミッドの頂上には、何もありません!

世界は、全体主義の単一のシステムではありません。
はるかに複雑に入り組んでいます。

ですから、民衆の運動が権力をしりぞける場合があるのです。

1998年の「投資に関する多国間協定(MAI)」をめぐる出来事は、その実例でした。

この協定には、多国籍企業・ジャーナリズム・世界銀行・IMFが、そろって乗り気だったのです。

権力が結束していたし、彼らの交渉は3年前から極秘裏に進められていました。

(TPPにそっくりだ…)

ジャーナリズムはこの事を知っていましたが、口をつぐんでいました。

それでも情報は運動家に漏れ、彼らはインターネットを活用して集会を開き始めました。

結局は、OECDは撤退を余儀なくされ、計画は撤回されました。

ロンドンのフィナンシャル・タイムズ紙は、この事態に呆然として、反対派の運動を「自警団の群れ」と呼び、怒りを表明しました。

この時に政治家や経営者は、こう言って嘆きました。

「最悪の事態だ。

 極秘裏に交渉を進めて議会に承認させる、という通商協定の
 これまでのやり方が通用しなくなった!」

人々が手を結べば、物事を動かすことが出来るのです。

質問者

「権力の黒幕たちは手を握っていて、彼らは会合を開いている」と言う人もいます。

チョムスキー

そういう会合は実在します。

「ビルダーバーグ会議」とか「三極委員会」とか「ダボス経済フォーラム」です。

しかし、これらは大抵は子供っぽいイベントにすぎません。

決定を下す人たちは、プライベートな集まりの際に、人目を避けて話し合います。

質問者  彼らを説得できると思いますか?

チョムスキー

もしも説得しえたら、彼らは資本主義を捨てるしかなくなります。

つまり、既存のシステムから離れて、反権力の闘いにとりかかる事になります。

彼らは、すでに知識を持っています。

要するに、同じ事を知っていながら、彼らと私では別の結論を出しているのです。

(2014.5.22.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る