アメリカにおけるプロパガンダの実例④
イラク戦争について④

(『ノーム・チョムスキー』リトル・モア刊行から抜粋)

チョムスキー

私たちが忘れたがっているのは(無視しているのは)、『サダム・フセインが最悪の残虐行為をしていた1980年代に、アメリカとイギリスが彼を支援していたこと』です。

米英は、フセインが大量破壊兵器を開発するのを助け、クルド人に毒ガスを使用するのも目をつぶりました。

それよりだいぶ前の1958年には、中東情勢はアメリカにとって難しいものでした。

アイゼンハワー大統領は、内輪の討論でこう言っています。

「中東では、我々を憎むための運動が行われている。政府によってではなく、民衆によって。」

当時のアメリカNSCは、こう分析しています。

「中東地域の民衆は、『アメリカは残酷で、堕落した政権に支援して、民主化と開発を阻害している。アメリカがそうするのは、この地域の石油を支配するためだ。』と認識している。」

そしてNSCは、この見方を覆すのは難しいと見ていました。
その見方が的確だったからです。

アメリカの基本的な政策は、今でも変わっていません。

中東の人々がアメリカを憎むのは、他人のブーツに踏みつけられるのが嫌だからです。

質問者

息子ブッシュ大統領は、イラク・イラン・北朝鮮の3国を「悪の枢軸」と非難しましたね。

チョムスキー

「枢軸」という表現は、かつてのナチスなどをイメージさせる事を狙ったのでしょう。

(第二次世界大戦の時、日独伊の同盟3国は枢軸国と呼ばれた)

実際には、枢軸はまったく存在しません。

イラクとイランは、イ・イ戦争以来ずっと交戦状態にあります。

北朝鮮は、両国とは深い関係にありません。
おそらく北朝鮮は、はずみで仲間に加えられたのでしょう。

北朝鮮が悪の枢軸に加えられた理由の1つは、彼らがイスラム教徒ではないからです。

北朝鮮を加えることで、「イスラム教徒を標的にしている」という批判をかわす事ができます。

アメリカにとってイランは、かつては善でした。

アメリカとイギリスは、1953年にイランで軍事クーデターを起こし、イラン国王を再び政権の座に据えました。
その後の25年は、イランは善の存在でした。

イラン国王の人権無視の行いは、悪名高いものでしたが、彼はアメリカの利益のために尽くしました。

そのため当時の悪行は、アメリカの新聞は全くコメントしていません。

カーター大統領も、国王への賞賛を惜しみませんでした。

1979年にイランで革命が起きて、王制が打破されると(アメリカの言いなりにならなくなると)、イランは悪になりました。

質問者

ブッシュ政権は、サダム・フセインやタリバンを悪魔化することで、自由に戦争をしています。

チョムスキー    

サダム・フセインについて、考えてみましょう。

ブッシュやブレアは、イラク戦争を始めるために、こう言っています。

「フセインは、歴史上で最悪のモンスターだ。

 彼は自国民に対して、毒ガスを使った。
 あんな人物は生かしておいてはならない。」

確かにフセインは、自国民(クルド人)に毒ガスを使用しました。
10万人ほどのクルド人を殺したのです。

ただし、『当時のフセインを支援していたのは、アメリカやイギリスでした』。

この事実を言う人はほとんど居ません。
だから彼らは、フセインを悪魔化できるのです。

1980年代のフセインは、アメリカに奉仕を行っていました。

(当時のイラクは、アメリカやイスラエルの代わりにイランと戦争をしていた)

だからこそイラクは、1988年にアメリカ海軍の駆逐艦を誤ってミサイル攻撃して37名の船員を殺した際にも、免責されたのです。

アメリカとイラクは、友達であり仲間でした。

そして1988年は、フセインの残虐行為が最もひどい時期でした。

(2015.7.14~16.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る