東ティモール問題での西側各国の悪政

(『ノーム・チョムスキー』リトル・モア刊行から抜粋)

質問者

日本は、インドネシアと東ティモールの問題に関係し、かなりの開発援助を行ってきましたね。

チョムスキー    

私は1978年に、東ティモール問題に関して国連で証言しようとしました。

国連ビルで証言のために呼ばれるのを待ちましたが、その機会はやって来ませんでした。
日本が証言を阻止しようとしたからです。

日本は、インドネシアをかばおうとしたのです。

この時期は、東ティモールへの残虐行為が一番ひどかった頃で、死者は20万人に達していました。

そしてこの時期には、アメリカとイギリスはインドネシアに武器を提供(売却)していました。

後には、フランス、スウェーデン、オランダも武器を売りました。

彼らは、東ティモール人を虐殺する事になる武器を、嬉々として売っていました。

今では、東ティモールの建国を米英らは称え、武器売却の歴史は消え去られてしまいました。

(2015.7.17.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る