アメリカの誤った政策①
1954年のグアテマラでの軍事クーデター

(『チョムスキー、世界を語る』から抜粋)

チョムスキー

世界情勢の分析という点では、私とCIAだって同じですよ。

根本的な価値観の相違が結論を変えるのであって、出来事の分析は同じなのです。

質問者  具体的に説明して下さい。

チョムスキー

1954年のグアテマラのクーデターを例にとりましょう。

このクーデターのために、グアテマラでは民主主義が終わり、40年に及ぶ恐怖政治が始まったのです。

CIAなどの情報機関は、クーデター前のグアテマラを次のように分析していました。

「共産主義の影響があり、1944年のグアテマラ革命を思わせる。

 外国の経済的な利益を、特にユナイテッド・フルーツ社の
 利益を妨害している。

 (ユナイテッド・フルーツ社はアメリカの農業会社で、
  グアテマラの農業のかなりの部分を支配していた。

  現在は、ユナイテッド・ブランズ社に改名している。)

 グアテマラ政府は労働者を組織し、農地改革(農地を大地主
 から農民に渡す政策)を実施している。

 この政策は、国民に支持されている。

 政府はプロパガンダを行っていて、『アメリカ帝国主義との
 対決』を打ち出している。

 大規模な社会改造計画は、中央アメリカ諸国に大きな反響を
 起こしている。」

ここまでの分析は、皆が同じです。

アメリカはこの情報を得て、「グアテマラは過激なナショナリズム一色だ。アメリカの利益を妨害している。グアテマラの民衆は知的レベルが低い。」と考えました。

そして「ホンジュラスに、隣国グアテマラからの支援がある」との報告をうけた時に、アイゼンハワー政権は「アメリカの国防は危機に瀕している」と考えました。

そしてCIAに、グアテマラで軍事クーデターを起こさせたのです。

(グアテマラやホンジュラスのような小国が、アメリカの国防を
 脅かすはずがない。

 グアテマラでの社会改革は、別に悪いものではなく、
 アメリカ国民を脅かしているわけでもなかった。
 しかしアメリカは、そのようには分析・認識しなかった。)

(2014.5.23.)

(『すばらしきアメリカ帝国』から抜粋)

質問者

グアテマラで民主的に選出されたハコボ・アルベンス大統領は、CIAのクーデター計画で1954年に追放されました。

スティーブン・シュレジンジャーは、「CIAの歴史上、最も汚れたエピソードの1つ」と呼んでいます。

チョムスキー

CIAは、いつも通りに行動しただけです。

アルベンス政権の打倒は、アイゼンハワー大統領の命令でした。

グアテマラの民主化を、アメリカは強く反対していました。

グアテマラでは、1944年にホルヘ・ウビコ・カスタニエダの独裁政権が倒されて、民主的な政府が誕生しました。

政府は初めて、政治に農民(一般大衆)を参加させました。

グアテマラでは本物の民主主義が始まり、周りの国にも影響を及ぼす可能性が出てきました。

アメリカはこれを、とてつもない罪だと考えたのです。

アメリカが「攻撃するぞ」と脅したため、グアテマラはチェコスロバキアからの軍事援助を受け入れました。

チェコの武器が流入している事を発見したアメリカは、勝ち誇ったようにこの事実を脅威として宣伝しました。

「グアテマラがチェコのライフルを手に入れてしまった以上、アメリカはどうやって存続できるのか?」

これが、侵略の前提として利用されました。

(そしてCIAはグアテマラでクーデターを起こさせて、
 アルベンス政権を倒した)

国家統制的なレーガン政権は、1954年のグアテマラのクーデターと、1953年のイランのクーデターのついての文書を、機密解除となる30年が経ったのに公開しませんでした。

(※どちらのクーデターも、CIAが暗躍して起こしたものです)

質問者

ニューヨーク・タイムズ紙は、グアテマラのクーデターに一役買いましたね。

チョムスキー

その通りです。

ニューヨーク・タイムズは、CIAのクーデターを応援・賞賛しました。

(2014.7.9.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る