テロリストをかくまっているのは(テロ支援国家なのは)、
アメリカだ

(『すばらしきアメリカ帝国』から抜粋)

息子ブッシュが打ち出したドクトリンに、「テロリストをかくまう者は、テロリストと同じ罪を負う」というのがある。

では、どういった国がテロリストをかくまっているのか。

かつてアメリカは、キューバのカストロ政権を倒すために、「反カストロのキューバ人」を支援した。

反カストロのキューバ人たちはテロを行い、1990年代の後半まで続いた。

FBIと司法省は、彼らをテロリストと定めている。

彼らの1人であるオーランド・ボッシュは、73人が亡くなったクバーナ航空機爆破に関与している。

ところが父ブッシュは、大統領の時にオーランド・ボッシュに恩赦を与え、ボッシュはマイアミで優雅に暮らしている。

現在(2004年2月)に、マイアミで『キューバの5人』という事件が裁判されている。

1998年にキューバは、フロリダに拠点を置く反キューバのテロ組織に関するビデオテープや書類を、FBIに渡した。

それに対してFBIは、フロリダで情報を集めたキューバ側の諜報員を逮捕する事で応じた。

これが、『キューバの5人事件』である。

テロリストの情報を提供したのに、FBIはその提供者を逮捕したのだ。

この事実は、アメリカがテロリストをかくまっている好例である。

また、ベネズエラで2002年に起きたチャベス政権を倒すための軍事クーデターに関与した2人も、アメリカはかくまっている。

アメリカ政府は、このクーデターを大っぴらに支持し、唆してさえいた。

ハイチで4~5千人の殺人に関わったエマニュエル・コンスタンも、ニューヨークで幸せに暮らしている。

息子ブッシュ大統領のドクトリンとは、『テロリストをかくまう権利を、アメリカだけに授けるもの』なのである。

(2014.7.7.)


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る