医療保険の制度は問題だらけ GMの破産の真因

(『ニュースを読む技術 池上彰著』から抜粋)

世界同時不況により、2009年6月に自動車メーカー最大手の「GM」が破産した。

破産の直接のきっかけは、不況による売り上げの減少と、金融機関から借り入れが出来なくなったことである。

しかし背景には、「年金制度」と「健康保険制度」の問題があった。

GMは、1728億ドルもの借金を抱えたために、破産を申請して当面の借金返済を免れようとした。
返済額を減らす再建案を、まとめようとした。

アメリカの年金制度は、日本と違って国家の支出はない。

企業と個人が拠出したものを、受給者に支払っている。
平均の支給額は、2003年時点で895ドルである。

医療保険は、基本的にすべてが民間の運営である。

このため保険料が高く、4700万人もの人が保険に入っていない。

GMは、昔は売り上げが好調だったために、1950~60年代から年金額は「スライド制」になった。

これは、年金額が現役社員の給料が上がるにつれて、どんどん上がっていくシステムである。

さらにGMでは、従業員や退職者、その家族までも、医療費を100%負担していた。

やがて高齢の退職者が増えてくると、医療費はうなぎ昇りになり、負債は470億ドルに上った。

アメリカの医療費はとても高く、盲腸の手術で100万円もかかる。

1970年代になると、日本車がアメリカに進出して、GMの経営は悪化した。

経営改善をすればよかったが、それをせずに政治家に泣きついた。

1981年に、アメリカからの圧力で、日本は対米の自動車輸出を自主的に規制し始めた。
その結果、GMは最高益を上げるようになった。

この時の利益を、日本車に負けない高品質の車つくりにつぎ込むべきだった。

ところが経営者たちは、自分たちの報酬を上げてしまった。

一方、日本のメーカー達は、輸出が難しくなったために、アメリカに製造工場を建設することにした。

これならメイド・イン・USAだから、非難を受けない。

「自分が経営者でいる間さえ良ければ、後の事は知ったことではない」という、経営陣の問題の先送り体質。

それが、GMの経営破たんの真因である。

(2013.8.17.)


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る