アメリカのブッシュ・ジュニア政権は、
ABM制限条約を破棄する(2002年)

(『そうだったのか!現代史2』から抜粋)

アメリカのブッシュ・ジュニア政権は、弾道ミサイルを撃ち落とすシステムの開発を進めることにした。

そして、『ABM制限条約』の破棄をロシアに通告し、条約は2002年6月に失効した。

ロシアや中国は、「アメリカがどんなミサイルも撃ち落とせるようになれば、報復を恐れなくなり、先制攻撃をする可能性が高くなる」と警戒した。

(2014.5.1.)


世界情勢の勉強 世界的な事柄 目次に戻る