電力の単位の解説

(『電力供給が一番わかる』から抜粋)

電力の「発電容量」の単位には、kW(キロワット)、MW(メガワット)、GW(ギガワット)という単位があります。

1000W=1kW  1000kW=1MW  1000MW=1GW です。

つまり、100万kW=1GWです。

発電容量とは、発電所がフルに稼動した際に、発電できる値です。

日本全体の発電容量は、237GWです。(※2012年時点です)

実際には、発電所は常時フルの発電を行ってはいません。

実際に発電した量は、「発電電力量」と言います。

発電電力量は、kWh(キロワットアワー)を使うのが普通です。

日本全体の発電電力量は、95~100GWです。(※2012年時点です)


新時代エネルギー 目次に戻る