『新時代エネルギー』
トップページ(目次)

( サイトのトップページに戻る )

はじめに

電力の単位の解説

太陽についての解説  太陽さん、あんた凄いよ

太陽光発電の基本①

太陽光発電の基本②  家庭用のシステムについて

太陽光発電の基本③  パネルの材質、変換効率

メガソーラーとは何か

特大のメガソーラーを砂漠に設置する計画がある

太陽光パネルの年間生産量は、2016年には世界全体で75GWにまで拡大する

日本の太陽光発電のポテンシャル 日本全体で3億KWもある

太陽光発電は、急速に普及してきている

再生エネが半年ほどで144万kWも増えた その中心は太陽光発電 (2012.12.15.)

2013年の日本での太陽光発電の導入は、530万kW(原発5基分)になる (2013.7.19.)

メガソーラーの建設が、長らく未利用の工業団地で進んでいる (2012.8.27.)

神奈川県が運営する初のメガソーラーが完成した (2013.5.20.)

戸建て住宅の屋根を借りて、太陽光発電をするプロジェクト (2013.4.25.)

風力発電の基本①

風力発電の基本②

日本の陸上風力発電のポテンシャル 北海道が半分を占める

洋上風力発電について  欧州では、洋上風力発電が増えている

洋上風力発電に三菱重工が参入

日本で風力発電が普及しない理由・環境影響評価制度の弊害 (2013.4.19.)

風力発電の環境影響評価が、半分に短縮される! (2013.5.15.)

地熱発電の基本①

地熱発電の基本②

日本の地熱発電のポテンシャル

八丈島で、地熱発電による自給自足計画

日本で中規模の地熱発電計画が相次いでいる (2014.2.4.)

温泉発電の基本

水力発電の基本

水力発電の補足

太陽熱発電の基本

太陽熱利用(太陽熱を使った温水器)

バイオマス発電の基本

波力発電

人工光合成を使ったギ酸の貯蔵

新エネルギーは、CO2の排出量が少ない

新エネルギーについての色々

京都議定書によって、世界はCO2などの削減を決定している

再生エネの普及は、大きな経済効果がある

世界全体での再生可能エネルギーの現状 急速に普及が進んでいる

2016年には、再生エネはガス火力を上回る 12年度の導入は、5割以上が再生エネだった (2013.7.19.)

日本の再生エネの現状(2013年9月時点) 全国1位は大分県

日本には、再生エネで自給率100%を達成している市町村が52もある

山梨県で、電力の完全自給化計画がスタートした (2013.4.10.)

北海道は、再生エネのポテンシャルがダントツの1位  北海道よ、立ち上がれ!

東京都と神奈川県の再生エネへの取り組み

「緑の贈与」 将来の世代にクリーンエネルギーを贈る投資システム これは画期的! (2013.7.19.)

電力の自産自消ができる新築住宅が発売された(家庭での太陽光パネルと燃料電池の併用)

中国も、クリーンエネルギに力を入れている

インドが再生エネを、2017年度までに倍増すると発表

発送電の分離、その目的

電力会社による送電網独占の弊害について

安倍内閣(自公政権)になると、電力各社は再生エネつぶしに動く

スマートメーターの普及が遅れている

スマートグリッドとは

電力のロス・非効率について

電気の周波数の問題

HVDC(高圧直流送電)・海底用ケーブル

ロシアが、東アジア全域を結ぶ、壮大な送電網を提案している (2014.2.8.)

燃料電池の基本①

燃料電池の基本②

燃料電池車の基本

燃料電池が、触媒素材代替でコスト減に

家庭用燃料電池・コージェネレーションシステム

家庭用燃料電池「エネファーム」①

家庭用燃料電池「エネファーム」②

電気自動車の基本

電気自動車の充電がコンビニで可能になっていく!

電気自動車の充電ステーションが増えるぞ 自動車大手の取り組み (2013.11.19)

超小型電気自動車が日本で普及を加速中

蓄電池の基本

蓄電池電車の誕生

日本は、変電所に世界初で蓄電池を設置する事を目指す

日本企業は蓄電池の量産化を加速させている

LED電灯(照明)の基本

青色LEDの開発により、LED照明やブルーレイディスクは生まれた

ガスタービン発電

ガスコンバインドサイクル発電

揚水発電

石炭による火力発電の現状、まだ発電の主力である(2013年時点)

天然ガスとLNGの解説

シェールガスについて

番外編 洗剤なし洗濯機について

番外編 小型家電リサイクル法が施行された

番外編 生ごみのリサイクル(土への戻し)


『村本尚立のウェブサイト』 トップページに戻る

『省エネをしよう』 トップページに行く