太陽光発電は、急速に普及してきている

(毎日新聞2012年9月14日から抜粋)

家庭用の太陽光発電システムは、2011年には1kW当たり54万円でした。

現在は、40万円を切る機種も出てきました。
(※2020年現在では、30~35万円くらいです)

15年前は、一戸建て用のシステム(標準的なのは4kW)には500万円かかりました。

現在は200万円を下回り、補助金を利用すればさらに安くなります。

ビックカメラの太陽光発電コーナーでは、3kWで135万円などのモデルが売られています。

ヤマダ電機は、太陽光発電を700店で販売。1kW39万円台のオリジナルブランドを発売しました。

楽天は、楽天ソーラーのネット通販を、秋に全国に拡大します。

○村本のコメント

「キターー」って感じです。

お金に余裕のある人は、地球への親孝行だと思って、ぜひ導入して下さい!


新時代エネルギー 目次に戻る