アメリカ史
第二次大戦の終結後

      戦後も軍事費は減らず、軍事国家(常に戦時国家)となる

   ソ連を敵国に設定して、軍拡競争を仕掛ける  NSCやCIAを設置する

第二次大戦用の諜報・工作機関だったOSSは、戦後も存続して中央情報グループに改組され、秘密工作を始める

      第二次大戦が終わると、ソ連との秘密工作の戦いが始まる

      外交観の変化  孤立主義は消えて、覇権主義に移行する

ブレトンウッズ体制の成立  IMF、IBRD、GATTの誕生 ドルが世界の基軸通貨となる

IMF  国際的な金融支援を行う 中枢はアメリカが押さえており、市場の開放を目的とする

    GATT 関税と貿易に関する協定  平等主義をとる 後継はWTO

         国際連合の創立

     冷戦の始まり  原因は、敗戦国をどこが統治するかの勢力争い

トルーマン・ドクトリン  英国圏を守るために共産主義陣営と対立し、西側諸国への援助を始める

     ケナンらは冷戦構想を築き、トルーマン・ドクトリンを打ち出す

   冷戦とは  NATO ワルシャワ条約機構  冷戦はアメリカが仕掛けた

    国家安全保障法が1947年7月に成立し、NSCやCIAが誕生する

   CIAは誕生直後から秘密工作を始める  まずイタリアの選挙に介入する

マーシャル・プラン  西ヨーロッパ諸国への援助に限定し、ヨーロッパの分裂を確定させてしまう

   マーシャル・プラン予算の5%はCIAに回され、秘密工作の資金となった

CIAの内部に秘密工作の実働部隊「OPC」が設けられ、フランク・ウィズナーがトップに任命される

  1949年CIA法  強引に議会で可決され、CIAに広範囲の権限を与える

   CIAは東側に工作員を潜り込ませる作戦を行うが、失敗ばかり続く

     ドイツの分割  ソ連と対立して、ドイツを分断させてしまう

  中国では蒋介石の国民党を支援するが、共産党が勝ち中華人民共和国が生まれる

  フィリピンの独立  アメリカの介入で内戦になり、人々への弾圧が続いていく

        日本の統治  途中で方針を大転換する

日本を占領したアメリカ軍は、戦犯たちをスパイとして雇う  有末精三、河辺虎四郎、児玉誉士夫

   (※朝鮮半島の分断と朝鮮戦争については、韓国史のページを見て下さい)

      ストライキが盛り上がる 反動として反共主義者が台頭する

     トルーマン政権 対ソ強硬派を起用する  赤狩りと忠誠審査令

 1948年の大統領選挙  予想外でトルーマンが大勝する 背景には黒人票があった

      原爆の大実験 クロスロード作戦(1946年)

1949年にはソ連も原爆開発に成功する  軍事的な優位を保つために、水爆の開発を行う

        ロズウェル事件(1947年) ハラス作戦

        弾道ミサイルの開発(1947年)


アメリカ史 トップページへ戻る