エネルギー革命A
各家庭に太陽光パネルと燃料電池を設置して、
電力会社から卒業しよう(2012.12.4.)

日本のエネルギー環境を変えるための提案の、第二回目です。

今回は、『太陽光発電』と『燃料電池』を取り上げます。

そして、「各家庭が、原発の無い社会にするために、どんな活動・貢献をしていけばいいのか」についての提案をします。

今年の夏に、太陽光発電などの新エネルギーの「買い取り制度」が始まりました。
これによって、太陽光発電などで発電した電気を、高値で買い取ってもらえます。

このすばらしい制度によって、太陽光発電が急速に普及してきています。

「太陽光発電」のすばらしい点は、環境にとても優しい事と、どこにでも設置できる事です。

この「どこにでも設置できる」というのがポイントで、各家庭の屋根に簡単に「発電パネル」を設置できます。

他の発電方法は、どれも設置場所が限られるんですよ。だから自治体や企業でないと、なかなか手を出せないのです。

太陽光発電は、「誰もが行える」クリーンな発電なんです。

ぜひ沢山の方の、家の屋根に設置してほしいです。

最近は、一般家庭の屋根に設置してある光景をひんぱんに目にします。
見る度に、「いいぞ! えらいなあ」と思います。

屋根に太陽光パネルがある光景って、美しいと思います。『新しい時代の到来』を感じさせます。

その一方で、太陽光発電の問題点は、雨や曇りの日だと電力が足りなくなる事です。

それを解決するのが、「燃料電池」なんです。

燃料電池は、『自家発電装置』の事だと思って下さい。

具体的に言うと、「天然ガス(都市ガス)を使って、各家庭で発電を行う装置」です。

燃料電池の良さは色々とあるのですが(これについては、新時代エネルギーのページを見て下さい)、最大の売りの一つが、『各家庭で、好きな時に好きな量の発電ができる』ことです。

これが出来ると、まず無駄な発電が減ります。

現在は、電力会社が需要を予想して、その予想よりもかなり多めに発電をしています。
つまり、常に使用量よりも余計に発電しているのです。

燃料電池が普及すれば、各家庭で必要な量だけを発電できます。それにより、余計に発電する必要が無くなるのです。

そして一番すばらしい事は、太陽光発電を基本にして、足りない分を燃料電池で補えば、『電力会社から電気を買う必要が無くなる』ことです。

皆さんの、「電気料金が高い」「電力会社には腹が立つ」と思いながらも自立できない、というイライラした状況が、解決します!

燃料電池で問題なのは、「発電量がまだ少ないこと」と、「耐用年数がまだ短いこと」です。
この解決に、研究者は全力を挙げて下さい。それを政府レベルで支援しましょう。

太陽光パネルと燃料電池の二つを家庭に設置すれば、各家庭は電力会社から独立・自立できます。

これこそ、真のエネルギー革命ですよ。

こうした状況になれば、電力会社も今の横柄な態度を改めるでしょう。
みんなにとって良い世界になります。

理想を言えば、蓄電池も一緒に設置したいですね。

太陽光発電が沢山できる時(天気のいい日)に、蓄電池に余った電気を蓄えておけば、燃料電池を使う時間が減り、さらにクリーンな世界が実現します。

(2013.5.20.に追記)

ここで提案している新しいライフ・スタイルが、着々と実現してきています。
私は感動しています!

詳しくは、『電力の自産自消ができる新築住宅が発売された』を見て下さい。

新築の住宅を建てる際の選択肢に、太陽光パネル設置や燃料電池の設置を基本とするコースが用意される時代になってきています!

完全に新時代に突入しつつあります。

新しく家を建てる人は、ぜひ太陽光パネルを設置して下さい。
余裕のある人は、燃料電池や蓄電池も設置して下さい。

心から、お頼み申す。


私の提案 目次に戻る