第9の新しき啓示
あなた方が死ぬ事はありえず、地獄に落ちる事もない

 神

あなた方の全員が、神性の智恵を持っている。

しかし多くの人間は、神性を表現する事を、死ぬほど怖がっている。

神との対話や、神と友情を結ぶこと、神と1つになる事に、罪悪感を抱く。

私の見るところ、その恐怖と罪悪感が、人類の最大の敵だね。

あなた方は、死を恐れるあまり、生をも恐れている。

だから、死を恐れない者に自分の生を差し出してしまう。

つまり、テロリストや最大の軍事力を持つ国家に、屈服してしまう。

このままではいけない。

恐怖を指導原理にするのではなく、愛を指導原理にしなくてはいけない。

ニール

でも、どうすれば愛を信じ、死を恐れなくなるのですか?

 神

この対話で、新しいツールをあげただろう。
愛へ向かうステップを示してあげた。

新しき啓示は、全人類に画期的な意義をもつ声明だよ。

さあ、最後の啓示を明かしてあげよう。

これが、『第9の新しき啓示』だ。

『 あなた方が死ぬ事はありえず、地獄に落ちる事もない 』

ニール  それが本当なら、すべてが変わるでしょうに!

 神

これは真実だ。

そして、あなた方がこれを自分の真実として生きようと決めた時に、すべてが変わるだろう。

世界の大半の宗教は、この真実の前半を教えているが、その後に「永遠の地獄に落ちることもある」と続けて、悪夢に変えてしまう。

そして、地上に地獄を創り出している。

一部の宗教は、「正しい理由で人を殺せば、天国に行ける」と教えてきたし、「神を正しいやり方で信じなければ、まっすぐに地獄に落ちる」と教えてきた。

ニール

これに首をかしげないなら、何にかしげるか、ってところですね。

 神

これらの教えは、まったく不正確だ。

以前にも指摘したとおり、報酬と懲罰の社会的しきたりは、神性とは何の関係もない。

このしきたりは、人間が考え出した仕組みで、神の意向ではない。

報酬と懲罰は、『適応性という生命/人生の原理』を表現しようという、あなた方の試みだ。

(これについては、詳しくはこちらを見て下さい)

『第9の新しき啓示』を理解すれば、あなた方の不安は無くなる。

あなた方は完全に変わり、新しい人間になるだろう。
そして、新しい社会を生み出すだろう。

その時に、「自分たちは暴力の悪循環にとらわれていた」と気づく。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る