思い出すこと⑩
生命は永遠である 大切なのは、この真実を信じる事だ

 神

思い出すことの10番目は、これだ。

『 生命は永遠である 』

ニール

ほとんどの宗教は、そう教えていますね。

ロシター・W・レイモンドという作家は、「生命は永遠で、愛は不滅だ。死はただの水平線にすぎない」と言っています。

彼は、あなたのメッセンジャーだったのですね。

 神

1つだけ、はっきりさせておこう。

あなた方は、誰もが私のメッセンジャーだよ。
あなた方は皆、自分の人生を通じて、生命についてのメッセージを発している。

問題は、「あなたはメッセンジャーか」ではない。

「あなたは、どんなメッセージを送っているか」だよ。

ニール

「生命は永遠である」というのは、特にはっとするものではないです。

 神

だが、その意味の深さを考えれば、はっとするはずなんだよ。

生命が永遠であると信じられれば、あなたは2度と死を恐れないはずだ。

問題は、知っている事を「信じるかどうか」だ。

あなた方にとっては、一番すばらしい真実を信じる事が、いつも一番むずかしかったのだよ。

死についての真実は、一番すばらしい真実の1つだ。

ニール  信じたいと思っていますよ。
     「真実であってほしい」と願っています。

 神

ほら、あなたはもう真実かどうかを疑っている。

ああ、信仰うすき者たちよ。
それが真実かを疑う時、あなたは「自分自身」を疑っているのだという事が分からないのか?

自分の魂の中に発見した真実は、他人からどう思われても捨ててはいけない。

あなたの真実が、他の人の真実でなくてもいいのだ。

ニール  この対話を通じて理解した事は、私の真実です。

 神

それで充分だ。

自分の真実と触れ合っているというのは、とても力強い。

この対話を読む人は、自分の真実と触れ合うだろう。

この対話を読む人は、この対話を創りだしている。

あなたが、この対話の次の展開を生み出している。

ニール

それって、分かりにくいんじゃないかなあ。

読者が最後のページをめくれば、結末が書いてあるんですよ。

 神

少し前に話したように、本はすでに存在しているが、あなたが見るまでは、あなたの現実の中では存在しない。

(これについては、『あらゆる状況と結果が、たった今ここに存在する』に書いてあります)

あなたが創造した何もかもが、すでに存在している。

すでに存在しているからといって、あなたが創造したのではないという意味ではない。

あなたは、「自分が創造した事に気付いていない」だけだ。

(『神へ帰る』から)


神へ帰る 目次に戻る