プッサンの描いた「アルカディアの牧童」

(『レンヌ=ル=シャトーの謎』マイケル・ベイジェント、リチャード・リー&ヘンリー・リンカーン著から抜粋)

ニコラ・プッサンは、レンヌ=ル=シャトーの教会で見つかった暗号文に名前の出てくる画家である。

彼は1594年にフランスで生まれ、フランスの宮廷画家にもなった人だが、ローマで長く活動した。

私たちは、ニコラ・プッサンについて調べてみた。

すると1656年にローマに住んでいたプッサンを、フランスのニコラ・フーケ財務長官の兄弟であるルイ・フーケ神父が訪問していた。

ルイ・フーケは訪問後、次の手紙をニコラ・フーケに送っている。

「プッサンと私は話し合いました。

プッサンのおかげであなたが手に入れる巨利は、フランス王でも取り上げる事は出来ないでしょう。

プッサンによれば、この世でこれ以上の冨は考えられません。」

この手紙を受け取ってほどなく、ニコラ・フーケは逮捕されて、死ぬまで獄中で過ごすことになった。

正体不明の鉄仮面をつけた囚人は、フーケだったと考える歴史家もいる。

フーケの逮捕から数年後、フランス王(ルイ14世)は、プッサンの描いた絵画「アルカディアの牧童」を入手し、それを自らの住むベルサイユ宮殿の私室にしまい込んだ。

この絵画は、3人の牧童と1人の少女が、墓石の前に集まって、墓に刻まれた文字を見ている。

この墓が実在のものだと、1970年代に突き止められた。

墓はアルク村の郊外にあり、6マイルの距離にレンヌ=ル=シャトーがある。

「アルカディアの牧童」に描かれた背景の山頂の1つは、レンヌ=ル=シャトーである。

「アルカディアの牧童」の墓石には、「そして、アルカディアにて我」(ET IN ARCADIA EGO)と彫られている。

これを並び換えると、「立ち去れ!私は神の秘密を隠した」(I TEGO ARCANA DEI)になる。

(※これはラテン語だが、Iが立ち去れ!の意味になるらしいが、そこだけ確認できなかった)

(2022年12月24日に作成)


『キリスト教の歴史』 目次に戻る

『宗教・思想の勉強』 トップページに行く

『サイトのトップページ』に行く