1952年の大統領選挙について

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1952年の秋になると、ムーニーは大統領選にかなりの興味を示した。

チャックが「イリノイ選出のアドレー・スティーヴンスンを応援するのか」と訊くと、ムーニーは言った。

「俺が好きなのは勝つ奴さ。アイク(アイゼンハワー)がいいね。

 ほんとはアイクの副大統領候補の、ニクソンが気に入ってる。
 奴は抱き込めるぜ。」

「でも、ジェイク・アーヴィ(ムーニーと親しいシカゴ選出の議員)は
 スティーヴンスンの支持だろ?
 キーフィーヴァー降ろしに一役かったんじゃないのかい?」

チャックは不思議そうに尋ねた。

アーヴィは政界の実力者で、犯罪の撲滅を叫ぶキーフィーヴァー議員を民主党大会で指名から外したことで、国民の注目を集めていた。

「ああ、キーフィーヴァーには降りてもらわにゃならんかった。

 だが、アーヴィだってアイクが勝つことは知ってるさ。」

チャックのぽかんとした顔を見て、ムーニーは解説にかかった。

「いいか、どっちにしろ俺たちは勝つ。両方に賭けてるからな。

 どっちの陣営の選挙資金も援助している。

 カリフォルニアにいるウチの連中はニクソンの応援、
 アーヴィはスティーヴンスンを応援してる。」

結局アイクが勝ったとき、ムーニーはウィンクして言った。

「どうだ、俺の言った通りだろう」

(2018年10月28日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る