チャックはプラスティック事業に進出するが失敗する
シンジケートと芸能界の繋がり

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1952年8月末にチャックは、ムーニーから新しい仕事を紹介された。

「お前の気に入りそうな仕事がある。プラスティックだ。

 その道に詳しい奴らの話じゃ、未来の素材で、そのうち何もかもが
 プラスティックになるんだとよ。

 ジョー・エスポズィートに会いに行け。
 奴がプラスティック工場を始める。ビニール袋を作るんだとよ。」

ジョーは、かつてシカゴ・シンジケートの大ボスだったダイヤモンド・エスポズィートの息子だ。

「本当に上手くいくのかい?」チャックは口籠りながら訊いた。

「俺は色々とかじってみたんだ。

 ウィリー・ポテトズにゃ清掃事業をやらせた。
 ゴミは儲かるぜ。人間が増えるほどゴミも増える。

 キューバじゃエビ、テキサスじゃ石油、ルイジアナじゃガス。
 あっちゃこっちゃ手を出しすぎて、いちいち覚えちゃいられねえ。」

チャックが家に帰り、妻に新しい仕事の話をすると、妻は言った。

「プラスティック? なにそれ」

53年になりチャックがプラスティックの本を読み漁ると、これから持て囃される素材だと確信できた。

だがシンジケートの仲間は同じ見方をしておらず、工場をなかなかスタートさせられなかった。

ムーニーから新しい仕事を与えられたのは、チャックだけではなかった。

トニー・アカードとポール・リッカの同意を得て、ムーニーは配下のマーシャル・カイファノをラスベガスに送り込んだ。

それまでベガスにおけるシカゴ代表だったジョニー・ロゼリは、マーシャルに道を譲り、ハリウッドやロサンゼルスに拠点を移した。

ブラウン=ビオフ事件で詐欺罪に問われ服役したロゼリは、1947年に出所して以来、ロサンゼルスとベガスのカジノの目付け役だった。

ロゼリはハリウッドが大好きで、映画を数本作り、大スターと交際していた。

ロゼリは役に立ちそうな若手スターを探していた。

ムーニーが解説する。

「奴らは運び屋になれるのよ。
 みんなスターに目が眩んじまって、サインをねだるのに夢中で
 鞄の中身に気が回らんのさ。」

役に立ちそうなのを見つけると、ロゼリはムーニーに連絡した。

ムーニーは、スターの卵に仕事や契約を取り計らってやる。
その代わりに、何かを頼まれたら恩返ししなくてはならないのだ。

「シカゴ・シンジケートは、ロナルド・レーガンからエド・サリヴァンまで助けてやった」とムーニーは言う。

シンジケートの影響力は、スポーツ界にも広がっていた。

チャックでさえ、ボクシングや野球の一番良い席を始終回してもらっている。

ムーニーによれば、スポーツから暗黒街が利益を上げるようになった始まりは、ルーイ・ジェイコブズという男にあるという。

ジェイコブズは大恐慌の時に、フランク・コステロたちとラム酒を密売した。
この儲けを、競技場の売店ビジネスに投資したのである。

シカゴのビル・ヴィークがオーナーになっているメジャー・リーグの3つのチームが資金集めした時も、ジェイコブズは仲介役として活躍した。

ムーニーは言う。

「野球チームのオーナーに、そらあ俺たちの名前は出ねえさ。
 だが金は俺たちが出してるんだ。

 競技場の売店をジェイコブズにやらしているのは、
 まあ見張り役ってとこさ。

 資金繰りに困ってるオーナーがいれば、ジェイコブズが知らせてくる。
 俺たちは手を貸して、おいしい所をいただくのよ。

 どのスポーツも、そういう事になってる。」

スポーツ選手たちにも、シンジケートは喰い込んでいた。

ムーニーは言った。

「ジョー・ディマジオ、ミッキー・マントル、ウィリー・メイズの
 3人は、フランク・コステロが借りているホテルのスウィート・
 ルームに入り浸りなんだ。
 女もあてがってる。

 シュガー・レイ・ロビンスンを呼び出して、100万ドル出すから
 グラズィアーノとの試合はわざと負けろと言った。

 次の試合は必ず勝たせると言ってやったが、奴は蹴りやがった。
 ロビンスンは男だぜ。」

プラスティック事業はうまく行かず、1953年6月にチャックとエスポズィートは倒産の申し立てをした。

自己資金を1万ドルも注ぎ込んだのに、敗北したのだ。

その夏の間、無為に日々を過ごすチャックを、妻のアン・マリーは見ているしかなかった。

チャックは不機嫌な暴君となったが、新しい仕事の話は兄からこなかった。

やがて金が底をついたが、アン・マリーはなぜチャックが他の仕事を探してはいけないのか理解できず、戸惑っていた。

「ムーニーから仕事がもらえないなら、あなたが自分で仕事を見つけたっていいんじゃないの?」と、彼女は何度となく言った。

チャックは妻に毒づいた。

「良いものを着て、いつでも新車を買いたいなら、俺たちは
 ムーニーの指図に従うしかないんだ。」

(2018年10月23日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る