共産主義の脅威とはアメリカが出ていく口実だ、
グアテマラでの秘密工作

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1954年の春、アメリカ政府はムーニーの指摘した方向(さらなる外国への介入と侵略)に進んでいた。

3月にグアテマラでの共産主義の脅威について政府で協議されたが、ムーニーは「俺たちが面倒をみることになる」と得意気に言った。

4月になると、アイゼンハワー大統領はスピーチを行い、東南アジアの状況をドミノ倒しにたとえた。

アジアで1国の共産化を許せば、残りの諸国も共産化するというのだ。

これを聞いたチャックは、ムーニーに本当にそうなるのか尋ねてみた。

ムーニーは真剣な顔で言った。

「あんなたわ言を信じているんじゃないだろうな?

 共産主義の脅威とは、CIAが扇動して騒ぎを起こし、
 アメリカが出ていく口実にするためのものさ。

 しかし、国民はそれに飛びつく。そうだろ?」

「でも、共産主義があるのは確かだし、共産主義者は世界を手に入れたがってる。」
チャックは反論した。

「またテレビを見すぎたな、ええ?

 もっと利口になれ。アメリカだって何もかも手に入れたがってるさ。

 そしてアメリカの権力者どもは、アジア人やメキシコ人が
 どうなろうと気にも留めるものか。
 奴らの狙いは自分のポケットを膨らますことだけだ。

 ふん、グアテマラの混乱だけでも、百万長者になれるぜ。」

「それじゃ、グアテマラについて知ってる事を話してくれよ」

ムーニーは辺りをはばかる様子で語った。

「アメリカ政府は、グアテマラでの騒乱を望んでる。

 しかし反乱を起こすには銃が必要だ。
 そこで俺たちが、南部の仲間から調達してやるのさ。」

「どうしてアメリカ軍にやらせないんだい?」

「そんな事をしたら、企みがバレてしまうだろ。
 このイカサマはトップ・シークレットだぜ。」

(2018年10月28日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る