ムーニーはジョー・ケネディと取引する、
ケネディ家の蓄財の仕方

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1956年までにムーニーは、シカゴで「ザ・マン」と言えば通じる存在になっていた。

ムーニーの下で、シカゴ・シンジケートはケンタッキー州やアイオワ州に進出していったが、その結果コミッションからも一目置かれるようになった。

56年5月にジョー・ケネディがムーニーを頼ろうとしたのも、その力が目当てだった。

連絡があって3日後にシカゴのホテルで、ムーニーとケネディのじじいは会った。

ジョー・ケネディは、フランク・コステロなどのニューヨーク・シンジケートと密接な関係にあったが、シカゴとも繋がりがあった。

この抜け目ないアイルランド人の酒密造人は、ムーニーと25年以上も前から知り合いだった。

ケネディは禁酒法時代に密造酒で富を築いたが、1920年代のハリウッドでも大儲けしていた。

ハリウッドでの活動は、ニューヨークやシカゴのギャングが後援していた。

禁酒法が廃止になる時、ケネディは自分のサマーセット・インポーツ社を通じて、アメリカで最も利益の大きい3つの酒の販売代理権、ゴードンズ・ジン、デュアーズ、ヘイグ&ヘイグを押さえた。

さらにムーニーによると、ジョー・ケネディはウィリアム・クラーポ・デュラン(GMの創業者)やデヴィッド・ロックフェラーなどと共に、1929年の株式市場の大暴落を事前に知っていたという。

「実をいうと、あの連中が暴落を起こさせたんだ。

 それでケネディは暴落直前に売り抜けて、100万ドル以上も
 手に入れやがった。
 奴らが操作してたんだ。」

1930年代になると、ケネディは証券取引委員会の委員長だったフランクリン・ルーズベルトの選挙資金を集めるのに協力し、(ルーズベルトが大統領になると)1938年にイギリス大使にしてもらった。

そして50年代になろうとする頃、サマーセット・インポーツとハイアーリアの競馬場での利権を売って、昔からの仲間と距離をとり始めた。

ジョー・ケネディは前に1度、ムーニーに会いに来た事があった。

それは息子ジャックの抱えていた問題の相談で、ジャックの結婚を解消し、しかもその事実を法的記録から消し去りたいと望んだのだ。

それができれば、ジャックの記録はきれいになり、政治的計画をこなしていくのに有利になるわけだ。

ムーニーはジョニー・ロゼリに命じて、ケネディのための法手続きをやらせた。
それで問題は解決だった。

最近になって、フランク・コステロ(ニューヨーク・マフィアのボスの1人)とジョー・ケネディの仲が険悪化していた。

ケネディはコステロに支援された過去があったのに、恩を返すのを嫌うようになり、コステロの要求を無視したのだ。

そこでコステロは殺し屋を雇った。

ケネディと会ったムーニーは、気が乗らないという風に装った。
じっくり構えて相手に冷や汗をかかせる作戦だ。

「あんたの助けが必要だ」とケネディが言った。

「俺の助け?」
ムーニーは空とぼけて見せた。「何だってまた俺なんかの?」

「サム(ムーニーの本名)、あんたはコステロと親しい。

 実は、ある財産をめぐってコステロとの間に誤解がある。
 奴は、私をある財産の表看板にしたがっているんだが…。」

ムーニーがさえぎった。「どうして引き受けてやらない?」

ケネディは不機嫌そうに言い返した。
「いいか、息子の政治歴に絡むから、私は微妙な立場にいるんだ。
 わかるか?」

「あんたはコステロに借りがあるんだろう?
 お前さんはコステロと組んで儲けたよな?」

ケネディは皮肉な口調で反論した。
「なあサム、私は最初から(酒の密造を)やっていた。
 連中が便乗してきたんだよ。」

「ああ、そして俺はあんたが誰に便乗したかも知ってる」
ムーニーは、ケネディのあまりの図々しさに吹き出した。

ケネディは話を続けた。
「奴が諦めてくれればと思って、まだ話し合ってない。」

「諦めてくれれば? 奴を無視したのか? それは侮辱だぜ、ジョー」
ムーニーは立ち上がり、相手を見下ろして怒鳴った。
「いったい何を考えてるんだ? コステロがどう出ると思う?」

「もう分かっている。奴は殺し屋を雇った。

 サム、あんたがニューヨークの外では実力者だ。
 コステロを止められるのは、あんだだけだ。

 奴は全然わかっちゃいない。」

「何の話だ?」

「息子のジャックは、政治の道を駆け上がっている。
 いま危険にさらすわけにいかん。」

「あんたの息子が有名になっているのは気付いていた」
ムーニーは相手に背を向け、窓の外に目をやった。

ケネディは立ち上がり、ムーニーの横に並んで言った。
「これからも名を上げるだろう。
 スキャンダルで足をすくわれたりしない限りは。」

「それで、俺に何をしてほしいんだ?」

「コステロと話して、殺しの依頼を取り消させてくれ。

 私が生きていれば、息子をホワイトハウスに送るのに手を貸せる。

 我々がずっと待ち望んでいたのは、『内側の人間』がホワイト
 ハウスに入ることだったじゃないか。」

「手を貸す見返りに、あんたが俺に約束できる事があるのか?」

「あるとも。約束する。

 いま私を助けてくれたら、あんたが望めば大統領の執務室に入れる
 ように取り計らってあげよう。
 ただし時間をもらわないと。」

「あんたの口からはっきり言ってほしい。
 あんたの息子が選出される日は──」

ケネディが引き取って言った。
「サム・ジアンカーナが選出される日でもある。
 息子は、父の命を救ったあんたを拒むことはない。」

その日の午後、ムーニーはチャックにこの話を詳しく聞かせた。

その夜、ムーニーはニューヨークに電話を入れ、ケネディを殺せという指令は取り消された。

(2018年10月29日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る