ニューヨーク・シンジケートの内部抗争③
ジェノヴェーゼは嵌められて獄中死する

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1958年の春のある日、殺し屋のウィリー・ポテトズがサンダーボルトにやってきた。

そして「ニューヨークで何が起きてるか知ってるか?」という。

チャックらは「知らねえな」と答え、話すよう促した。

ポテトズは声をひそめて言った。

「ムーニーとニューヨークのボス連中が、ヴィト・ジェノヴェーゼを
 嵌めたんだ。
 麻薬のおとり捜査でな。

 ムーニーはプエルトリコ人のたれ込み屋を雇い、
 ジェノヴェーゼを嵌めた。

 ニューヨークの奴ら、一人頭25ドルづつ出し合って、
 たれ込み屋にこの先毎月3000ドル出すって約束した。」

ムーニーは、ジェノヴェーゼを嵌めるようポテトズに命じ、それを受けてポテトズは子分の1人でヤクの売人をしているネルソン・カンテロプスを使った。

この作戦では、ニューヨークのボスであるマイヤー・ランスキー、カルロ・ガンビーノ、フランク・コステロ、ラッキー・ルチアーノが軍資金を出し合った。

そして人材を提供したムーニーは、報酬としてハバナの上がりの5%を受け取ることになった。

ジェノヴェーゼは逮捕され、コステロの証言がものをいって15年の禁固刑を受け、1969年に刑務所で死亡する。

ジェノヴェーゼを片付けたことは、ムーニーにとって大きな前進だった。

「俺に楯突く度胸のある奴がいるとすれば、あの男だけだったろうな」と、ムーニーは後に言った。

もう1人、ジョー・ボナンノ(ニューヨークのボスの1人)もムーニーと折り合いが悪かったが、ムーニーは「奴はからっきし意気地のない野郎で、数の内にも入らねえ」と無視していた。

ボナンノは以前、アリゾナ州でムーニーと対立した事があった。

アリゾナはラスベガスと同様に『オープン・テリトリー』で、誰でも力のある者が支配できる街だ。

ムーニーはチャック・イングリッシュを送り込み、不動産取引、ジュークボックス、自動販売機の事業をやらせていた。

ムーニーがジェノヴェーゼを殺そうとせず、ボナンノにも寛容な態度を示しているのは、マクレラン委員会を意識してのことではないかと、チャックはにらんでいた。

現に彼は、「証人喚問を避けるためには鳴りをひそめている必要がある」と口にしていた。

58年8月には、トニー・アカードらムーニーの仲間の多くが委員会で証言する羽目になり、ムーニーも重圧を感じていたのだ。

(2018年11月5日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る