CIAとシンジケートは、
カストロやトルヒーヨの暗殺を決める

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1960年のクリスマスの頃、ムーニーはチャックに『CIAとシンジケートの共同作戦』について話した。

「去年の8月以来、CIAと話を進めてきたが、結局キューバの
 カストロとドミニカ共和国のトルヒーヨ、それにコンゴの指導者を
 殺ることになった。

 だがカストロを殺るのは大仕事だ。
 すでにサントス・トラフィカンテらは痛い目に遭っている。

 カストロは、アメリカの暗黒街がキューバから亡命した連中と
 しっかり繋がってる事も承知しているはずだ。

 俺たちはCIAに協力して、反政府ゲリラだったカストロに武器を
 供給して支援した。

 奴が政権をとったあかつきには、俺たちのキューバでの事業に
 便宜をはかってくれると思ってな。

 ところが奴には恐れ入るぜ。『アメリカ人なんて皆がいかさま師か
 ポン引きだ』とぬかしやがる。」

「なかなか鋭いアメリカ人評だな」

「まあな。カストロは、そこいらの替え玉人形とはわけが違う。
 CIAもやっとそこに気付いた。

 このままじゃ、カストロにアメリカのビジネスを駄目にされる。

 現に俺たちもCIAも、カジノの上がりの分け前を無くしてるんだ。

 だからCIAは、俺たちに15万ドルでカストロを殺ってくれと
 持ちかけてきた。

 はした金もいいところだ。
 しかし俺は言ってやった。この際、報酬の多少は問わんってな。」

シンジケートが、外国元首の殺害をアメリカ政府から金で依頼されたという話は、チャックには信じがたいものだった。

アメリカ政府への怒りと不信感がこみ上げてきた。

ムーニーによると、カストロ抹殺を最初に思いついたのはアレン・ダレスCIA長官であり、部下のリチャード・ビッセルとシェフィールド・エドワーズが作戦の指揮官に選ばれた。

そしてシンジケートとの連絡役には、ボブ・メイヒューが起用された。

「ボブ・メイヒューは元FBIで、表向きの商売は私立探偵だ。

 奴は今、ティームスターズの弁護士をするウィリアムズの仕事も
 手伝ってる。

 ガイ・バニスターもメイヒューも、常時CIAの仕事を手伝ってる。」

ムーニーは、配下のジョニー・ロゼリの紹介で初めてメイヒューに会うと、ロゼリをメイヒューやCIAとの仲介役にした。

さらに配下のジャック・ルビーを密輸の仕事に戻し、フランク・フィオリーニやデイブ・フェリーと共に密輸事業にあたらせた。

(2018年11月9日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る