ムーニーはケネディ家の裏切りを確信し、復讐を決意する

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1962年に入ると、ケネディ家に対するムーニーの影響力はすっかり消えうせた。

ムーニーの代理人であるマレー・ハンフリーズは、大統領執務室に歓迎されなくなり、フランク・シナトラも歓迎されなくなった。

そればかりか、ボビー・ケネディはシナトラと暗黒街の繋がりを調べあげて、兄のジャックに報告した。

そしてシナトラは、ホワイトハウスに出入り禁止となった。

ムーニーは、シナトラをケネディ家との仲介役にしてきたので、激しく怒った。

いったんはシナトラを始末することも考えたが、思い直したのだという。

「まあ憎めん奴よ。
 ケネディのアホどもの責任をとらせるのは酷だと思ってな。

 だが俺があいつを嫌っていたら、間違いなくあの世へ送っている。」

ケネディ家の裏切りは、他にもあった。

ウェスト・バージニア州の予備選前に合意していたはずのジョー・アドニスの帰国を、「ボビーが承知しないから無理」とジョー・ケネディが連絡してきたのだ。

さらにムーニーの僚友であるカルロス・マルセロが、グアテマラに強制移送された。

マルセロはジャングルを抜けて密かにアメリカに帰国し、隠れ暮らしていた。

そしてムーニーとケネディ家の連絡係になっていたジュディ・キャンベルも、3月なるとホワイトハウスから出入り差し止めに遭い、ムーニーはFBIメモを受け取れなくなった。

1962年の6月になる頃には、ムーニーにもケネディ家が約束を守るつもりがない事が、嫌というほど分かった。

ケネディ家は、ムーニーを片付けることで、これまでの関係の証拠湮滅を狙っていた。

ケネディが大統領になってからの一連の出来事は、コミッションにおけるムーニーの立場を著しく傷つけた。

このアメリカ最大のボスが、ここまでコケにした人間を生かしておくとは、チャックには思えなかった。

ムーニーはチャックに言った。

「奴ら、本気で俺を嵌めたと思ってやがる。

 盗聴して分かったが、ボビーのゲス野郎は俺のことを『ケチな
 イタ公』とぬかしてやがった。

 俺が必死になってかき集めた票で、てめえの兄貴は当選できたん
 じゃねえか。
 それを今になってケチなイタ公とは言ってくれるぜ。」

そして口元に薄笑いを浮かべながら、コブラの様に目を細めて「1つ、奴らにしっかりと思い知らせてやるとするか」と宣戦布告した。

(2018年11月12日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る