チャックは失業し、その間にケネディ暗殺事件が起きる

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1962年の晩夏になると、チャック一家もFBIの監視下となった。

するとムーニーは、チャックの経営するサンダーボルト・モーテルを売り払えと命じた。

「あのモーテルはGメンがうようよしてやがる。あれは売ってしまえ。
 また他の仕事を見付けてやるさ。」

チャックは言われた通りに、10月上旬に50万ドルで売りに出したものの、失業すると思うと居ても立っても居られなかった。

今度こそ合法的な職に就きたい旨をはっきりとムーニーに伝えよう、とチャックは決めた。

この頃、ムーニーはスター総出演の一大イベントを行った。

「ヴィラ・ヴェニス」の新装開店オープニング・ショーである。

シカゴ北西のウィーリングという街にあるヴィラ・ヴェニスは、25万ドルをかけて改装され洒落たナイトクラブに変身した。

そのオープニング・ショーでは、エディ・フィッシャー、フランク・シナトラ、ディーン・マーティン、サミー・デイヴィス・ジュニアらの歌手が舞台を飾った。

こうした有名人たちは、多くがムーニーから借金していた。

ヴィラ・ヴェニスに来た客は、希望する面々は近くの賭場に案内された。

それもあって、月末にムーニーの懐に入った上がりは非課税で300万ドルを超えた。

後日マスコミは「有名スター無料出演」と報じたが、ムーニーによれば出演料として現金で一人頭7万5千ドルずつ支払ったということだ。

ムーニーはエンターテイナーを含め、働きのあった人間にはいつも必ず報酬を与えることにしていた。
借りを作りたくなかったからだ。

ムーニーは、ケネディ家との仲介役にしたシナトラの失敗に愛想を尽かしていたが、金儲けとなると別問題だった。

スターを使う事については、完全にビジネスと割り切っていた。

1963年の春先になると、サンダーボルトは55万ドルで売れた。

買い手は、ローズモント市長のドン・スティーヴンスと州道建設事業の大立物ジョー・グレコだった。

63年6月に、ムーニーは驚きの行動にでた。
司法省を相手どって、FBIの執拗な尾行は人権侵害だと訴訟を起こしたのだ。

これには義理の息子で顧問弁護士をしているトニー・ティスキの助言があった。

『前代未聞、大物ギャングが政府を訴える』と、シカゴの新聞各紙がトップで囃し立てた。

チャックも度胆を抜かれたが、ムーニーは自信満々でこう説明した。

「俺は、パンドラの箱を手にして証言台に立つ。
 箱を開けたが最後、ケネディ家の汚い秘密がぞろぞろ出てくる。

 だから、ボビーの奴は手を引かざるをえない。」

実際にボビー・ケネディ司法長官は手を引き、FBIの監視を縮小すべきとの裁定が下った。

しかし、夏になると控訴審で裁定がくつがえり、再びFBIの尾行が始まった。

チャックは、いつまでも仕事の口は回ってこず、悶々と待ちわびる日々が続いた。

夏から秋にかけては、シンジケートの経営するバーか賭博場に入り浸って、退屈な日々を紛らわしていた。

すると「ムーニーがケネディ兄弟を殺るらしい」との噂が耳に入ってきた。

63年11月22日に、チャックはカー・ラジオでケネディ大統領が狙撃された事を知った。

驚きはなかった。
シンジケートの者は口々に「誰かがケネディの野郎を片付けなきゃだめだ」と言っていたから、「やっぱりそうなったか」としか感じなかった。

オズワルドが単独犯と発表され、マスコミが精神分裂症患者だと書き立てると、チャックの脳裏には1933年のシカゴ市長アントン・サーマックの暗殺事件の顛末がよぎった。

オズワルドは、サーマック殺しの犯人となったジョー・ザンガラを連想させた。

ザンガラのことは、子供の頃にムーニーから話を聞いたが、政治的狂信者に仕立てられたカモで、実際は酒の密売人にすぎず、シンジケートから大金を借りていて命令を断れなかったのだ。

オズワルド同様、この男も腕のいい狙撃手と言われた。

ケネディ暗殺後、国民が見え透いたからくりにあっさり騙された事に、チャックは唖然となった。

シンジケートの欠点は、いつも同じ手口を使うことだ。
それさえ分かっていれば、意表をつかれることはない。

ジャック・ルビーが、テレビ放映中にオズワルドを射殺した時、チャックにはもはや疑う余地はなかった。

ムーニーが殺しを指示したのだ。CIAも知っていたはずだ。

(2018年11月14日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る