最初期のシカゴ・マフィアについて
ムーニーはエスポズィートの傘下に入る

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

シカゴで1番古いギャングは『ブラックハンド』と呼ばれるもので、1890年にさかのぼる。

この集団のやり口はイタリアのシシリー島から持って来たもので、核心は誘拐と強奪であった。

餌食になったのは善良な移民たちだが、警察はブラックハンドから賄賂をもらって耳を閉ざしていた。

ブラックハンドの中心人物は2人のイタリア人で、ダイヤモンド・ジョー・エスポズィートとビッグ・ジム・コロシモである。

エスポズィートは強奪と賄賂の手法で、政治家や労働組合とつながりを作った。

コロシモは高級売春を扱い、売春宿を企業化した。

コロシモのクラブはエンリコ・カルーソーら有名人の溜まり場で、エスポズィートのクラブ「ベラ・ナポリ」はギャングのリーダー達が会合に使った。

一方、ニューヨークでもギャングが形成され、『ファイブポインツ』のリーダーはコロシモの甥のジョニー・トリオだった。

1909年にコロシモは、トリオをシカゴに招いた。

エスポズィートも10年に、シシリー島からジェンナ兄弟を呼び寄せた。

1919年になるとトリオは戦力拡充のため、ファイブポインツのメンバーのアル・カポネを招いた。

カポネはファイブポインツの仲間だったラッキー・ルチアーノ、マイヤー・ランスキー、バグジー・シーゲルらと酒の密造で大儲けしていた。

(※当時は禁酒法の時代です)

トリオの魂胆は、カポネと一緒にコロシモを説得して、経営の主力を売春から密造酒に移すことだった。

しかしコロシモは同意せず、トリオは叔父を殺すことにし、コロシモは20年5月に射殺された。

この後シカゴでは、エスポズィートがギャングのトップに昇った。

彼はキューバからの砂糖密輸を一手に握っていたが、砂糖はアルコールの蒸留に欠かせない原料なので、全米に影響力を持つことができた。

ムーニーは1923年に15歳で、エスポズィートの傘下に入った。

エスポズィートはパッチ地域の密造酒造りを、ジェンナ兄弟に監督させた。

ムーニーは毎週300ガロン以上のアルコールを各家から集めた。
これだけでエスポズィートは年間100万ドル以上の利益を上げた。

パッチの住人たちも1ガロンあたり50セントを受け取った。

シカゴ中のイタリア人はエスポズィートの前にひれ伏していて、恋人や妻をよこせと言われたら差し出した。

エスポズィートは若い花嫁を愛好したので、結婚式のある時は彼に通知された。
もし気に入った花嫁がいれば、新郎よりも先に花嫁と寝させろと、彼は要求した。

後にシカゴ・マフィアの大物となったアル・カポネ、ジョニー・トリオ、ジェイク・グーズィク、ポール・リッカ、マレー・ハンフリーズ、フランク・ネティ、ジャック・マクガーン、トニー・アカードは皆、エスポズィートがニューヨークから呼び寄せたかシカゴで拾い上げた連中である。

中心はイタリア人だが、他の人種もいた。
ジェイク・グーズィクはユダヤ人で、金融のやり手だった。
マレー・ハンフリーズはウェールズ人である。

エスポズィートはよく、「クーリッジ大統領と知り合いで、票を集めてやった」と自慢していた。

彼によると、1924年の初秋にクーリッジは「援助に対しどんな謝礼をしたらよいか」と尋ねた。

エスポズィートは「全国にわたって労働組合を乗っ取るのを見逃してくれ」と答えた。

さらに「ボストンのジョー・ケネディ(ケネディ大統領の父)、カナダのサム・ブロンフマンとハリー・ブロンフマン、シンシナティのルイズ・ローゼンシュテール、ニュージャージーのジョー・ラインフェルトにも、酒類密造の権利を与えて保護してくれ」と要求した。

これらの人物は、エスポズィートから砂糖の供給を受けていた。

その後、アル・カポネらは官憲の干渉を受けずに組合を乗っ取っていったし、砂糖を買う連中は安泰だった。

ジョニー・トリオとアル・カポネのグループは、アイルランド人のディオン・オバニオンが率いるギャングと、密造酒の利権をめぐって抗争した。

千人以上のギャングが死に、24年11月にはオバニオンも殺された。

その後、トリオとカポネは仲違いし、カポネはトリオを片付けようと決意した。

ヒットマンに選ばれたのが、17歳になっていたムーニーであった。

ムーニーはいつもの相棒レナード・ニードルズ・ジアノーラを連れて、25年1月にトリオを襲撃した。

トリオは一命を取りとめたが、貯めていた4千万ドルを持ってシカゴから逃げ出した。

カポネはジェンナ兄弟も片付けることにし、25年5月にムーニーらに襲わせた。

アンジェロ・ジェンナはショットガンで射殺され、マイク・ジェンナも殺された。

トニー・ジェンナも射殺され、残った兄弟はシカゴから逃げ出した。

後に彼らはシンジケートから足を洗うと誓約して、シカゴに戻りチーズとオリーブ油の合法的な店を開いた。

(2018年9月26&28日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る