ムーニーは父親を痛めつけ家長になる

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

ムーニーは1925年9月に、自動車窃盗で逮捕され、ジュリエット州立刑務所で30日の刑に服した。

これが彼の1つの転機になった。
彼は獄中で「出所したら父親と対決する」と決意した。

ムーニーは家出してからも時々実家に帰っていたが、父親はそれを見つける度にムーニーを殴りつけ追い出していた。
ギャングになった息子と関わりをもちたくなかったのだ。

出所したムーニーがある夜、ずかずかと家の中に入ってくるのを見て、父親のアントニオはかんかんに腹を立てた。

「ここに寄り付くなと言っただろ! それ以上来たらぶん殴るぞ!」

ム-ニーはうっすらと笑って近寄ってると、落ち着いた声で言った。

「もう終わったんだよ、おやじ。
 もう俺を痛い目にあわせることはできないんだ。」

アントニオはしばらく口もきけなかったが、やがて「俺を脅したって駄目だ」と言って飛びかかっていった。

ムーニーはあっさりと父親を壁に押し付け、流し台から大型の肉切り包丁を取って、冷たい刃を父親の首に当てた。

「いいか、俺に手を出したら豚みたいに殺してやるぜ。
 これからは俺の言う通りにするんだ。

 俺は来たい時に来るし、居たいだけ居る。

 今日のところは生かしてやるが、その気になればあんたの喉は
 裂けていたんだ。」

「お前、自分の父親を殺す気か?」

ムーニーは笑って包丁を流し台の中に放り込み、「殺すかどうか、試してみるか?」と言い捨てて出て行った。

次の日曜日にムーニーがやって来た時、空気は一変していた。

アントニオは両腕を広げて息子を迎え、ムーニーは傲然とテーブルの家長の席に座った。

それ以後、ムーニーは好きな時にやって来たが、外ではフォーティツーの連中と強盗に明け暮れていた。

フォーティツーの悪業が新聞で大きく報道されたため、1926年3月にメンバーのピート・ニカストロが警察に捕まり、その2日後にメンバー17人が強盗未遂の容疑で逮捕された。

ムーニーは捕まらずにすんだが、毎日のように刑事が彼を尋問しにやってきた。

ジアンカーナ家の生活は、ムーニーが出入りするようになってからめちゃめちゃになった。

だがアントニオは大人しくしていて、ムーニーが地下室に密造酒の蒸留窯を据えつけた時も、黙ってその窯を操作した。

7月にムーニーは仲間2人と高級洋装店に入り、50着あまりのドレスを盗んだが、警察に見つかり逮捕された。

保釈金は500ドルだったが、アントニオはムーニーに頼まれてダイヤモンド・エスポズィートの所に行き、金を借りて保釈金と警察への賄賂を払った。

ムーニーはすぐに帰宅を許された。

エスポズィートに借りを返すため、ムーニーはケンタッキーのルイヴィルまで砂糖を運搬する仕事を引き受けた。

(2018年9月28日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る