恋敵を殺してアンジェと結婚する、ムーニーの結婚観

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

シカゴのパッチ地区には、アンジェリーヌ・デトルヴという女の子がいた。

ムーニーは刑務所に入る前から、結婚相手として目をつけていた。

だがアンジェの父は、「ムーニーは人間の屑だ。あんな男に娘はやらんぞ」と日頃から言っていた。

ムーニーが服役中に、アンジェはサルヴァトーレという男と婚約した。

サルヴァトーレは宝石泥棒をしており、シンジケートを介して盗品をさばいていた。

ムーニーは刑務所にいながら、こうした行動を把握していた。

ムーニーは1932年のクリスマスイブに出所したが、彼はエスポズィートの真似をすると決めていた。

エスポズィートはすでに婚約していた女を手に入れるため、手下を使って婚約相手を始末し、それから結婚したのだ。

大みそかの夜、サルヴァトーレは暗殺された。

ムーニーは33年3月まで待って、デトルヴ家を訪問した。

彼はアンジェがお世辞に弱いのを見抜いており、彼女が喜ぶことを言いまくった。

さらに毎日のように花やアクセサリーをプレゼントした。

やがて両親はしぶしぶながら2人の結婚に同意した。

だがムーニーには、マリー・ファネリという愛人がいた。

彼は、マリーを性欲発散の手段としか見ておらず、マリーの都合が悪い時は売春婦を物色した。

ムーニーには、彼一流の割り切りの哲学があった。

弟のチャックに次のように言っている。

「結婚の相手は、処女でなければだめだ。
 お前の子供の母親になる女だからな。

 ちゃんとしていて、晴れがましい場所へ連れて行っても
 恥ずかしくない女でないと困る。

 容貌がパッとしなくたって、ミンクやダイヤで飾ってやれば
 けっこう綺麗に見えるもんだ。
 金さえかければ、どんな女でも立派になる。

 それから、セックスの好きな女を女房にするのはまずいぞ。
 男は何人の女とやってもいいんだからな。」

さらにムーニーは、「フィアンセの清らかな頬っぺたにうやうやしくキスして別れると、その足ですぐにマリーに会って車の中でやりまくるんだ」とも言っていた。

1933年9月23日に、ムーニーとアンジェリーヌは結婚式を挙げた。

ムーニーはマリーとの関係を続けたが、「万一不倫がばれても、妻が簡単に別れられないようにしてあるんだ」と、仲間に自慢していた。

つまり、物質的な快楽を妻に与えているというのだ。

それにアンジェが熱烈なカトリック信者で、離婚しにくい事も計算に入っていた。

しかしアンジェは、夫がマリーと付き合い売春宿へも行っている事を知り、深く傷ついていた。

ある日、アンジェが電話で友達に話しているのを、チャックは聞いたことがある。

「亭主の稼いだお金は全部、私が使ってやるのよ。
 残したらあの女のために使われるだけだもの。」

(2018年10月1日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る